2018年12月の記事一覧

2018年12月の記事一覧

モリスのシンギュラリティカットを磨く職人さんは語るの画像

ルビーを磨き続けるモリスの職人

 モリスルビーを研磨し続けるモリスの職人。写真のゾーミンチョーさんは、もう12年ぐらいずっと毎日ルビーの原石と磨き続けてくれる。ゾーミンチョーさんの部下であるミンゾーさんは、もう15年間続けてく
ミャンマー産天然無処理で美しいは大自然からの希少な贈り物。大切に大きく残してあげたい。の画像

大自然の造形美であることを表現したい…モリスルビーのシンギュラリティカット

ミャンマー最北部ナヤンのルビー鉱山で採掘されたルビー1.6ctの原石。商業用のジュエリーの枠で使うためには、1ctぐらいのサイズまで小さくする必要がある。「人間が勝手に自然の形を考えていくのではな
メトロポリタン美術館で見たビザンチンのネックレスの画像

西暦500年代の細かい装飾が施された金のネックレス

西暦500年代のビザンチン金の宝飾ネックレス (1902年にキプロス島のカンバスで見つけられた)11個の大きく細かい装飾の施された、十字架、2個の葉のモチーフ、8個の取っ手がついた様々な形の花瓶は、
01の画像

01

アンティークでクラシカルな雰囲気を醸し出す上品なデザインは、一生身につける結婚指環に相応しいと とても人気です
「ミル打ち」は、小さな粒を1つ1つ細かく打ち込んでいく
ヨーロッパに古くから伝わる伝統的な装飾技法で、ミルグレインとも呼ばれています。
ミル打ちの「ミル」は、ラテン語で「千の粒」という意味です。
そのため「子宝・永遠・長寿」という縁起の良い意味が込められています。
03の画像

03

中世からルネッサンス期にかけて多くの結婚指環には、愛の象徴としてルビーが使われていました。握り合うふたりが手を取り合ったモチーフの指環は、イタリア語で「忠実」を意味する「フェデ」と呼ばれ、愛と約束を
04の画像

04

中世からルネッサンス期にかけて多くの結婚指環には、愛の象徴としてルビーが使われていました。握り合うふたりが手を取り合ったモチーフの指環は、イタリア語で「忠実」を意味する「フェデ」と呼ばれ、愛と約束を
希少性の高いミャンマー産のルビーが、なかなか日本に届かなかったのは…の画像

キプロスで発見されたビザンチン真珠のネックレス

地中海に浮かぶキプロス島で発見されたビザンチンのネックレス。説明文より1902年にキプロス島からバスで発見された真珠とエメラルドのビザンチンのゴールドネックレス西暦500~700年シンプルでエ
人の感性に響くデザインは時代を超えて…ビザンチンで流行ったヒヤシンスのイヤリングを見て感じるの画像

人の感性に響くデザインは時代を超えて…ビザンチンで流行ったヒヤシンスのイヤリングを見て感じる

…メトロポリタン美術館の入り口に入ってすぐのビザンチンのジュエリーについて…6世紀に流行した「ヒヤシンス」と呼ばれたコンセプトのイヤリングには、サファイアとそれを取り巻く天然真珠を金を使って仕立て
宝石,ルビー,ミャンマー,天然無処理,非加熱の画像

ムガール帝国シャー皇帝を満足させる宝石ルビー

ムガール帝国の最盛期に君臨したシャー国王とその息子がルビーを手にして愛でている姿を描いた絵画。ムガール帝国といえばエメラルドが大切にされたイメージがあるが、実際には、国王が大切にした宝石はルビー
アメリカのビザンチンの精巧なジュエリーの画像

透かし彫り細工の精巧さと「Opus interrasile」

ニューヨークのセントラルパークにあるメトロポリタン美術館(THE MET)。今と違って一つひとつの宝石ジュエリーにこめられた人の想いもエネルギーもそして時間も違ったと…そこで展示されているOpu
ビザンチンが栄えた時期のジュエリーの細かいつくりの画像

ビザンチンが栄えた時期のジュエリーの細かいつくり

メトロポリタン美術館のジュエリーについて…今日は、ビザンチンの十字架のペンダント。東ローマともいわれコンスタンティノープルに首都があったビザンツ帝国。西暦330年から始まったビザンチンは、キリスト