2020年1月の記事一覧

2020年1月の記事一覧

国も人種も関係なくつながっていくルビーの和の画像

国も人種も関係なくつながっていくルビーの和

自然の造形美であるお宝ルビーを預かる仕事をしているモリス。自社で北部Nam-yaルビー鉱山を採掘した頃から、採掘した後の環境やそこで一緒に働いた人たちの将来が気になっていた。もし、自分が住んでいる場所
モリス、ルビー、シンギュラリティ、天然無処理の画像

モリスルビーのシンギュラリティカット...そのネーミングの意味

モリスルビーのシンギュラリティカット。シンギュラリティとは、世に一つしか存在しないという意味。宝石を見つけて、それを持つことしかできなかった太古の人類は、そのうち研磨する方法を見つけ、形を変えること
とても難しいピジョンブラッドという呼び方の画像

とても難しいピジョンブラッドという呼び方

ミャンマー産ルビー、これはモリスのピジョンブラッドの見本。品質は、ジェムクオリティという最高品質。ルビーの品質には、この他に冠婚葬祭等で立派に映えるジュエリークオリティ、普段使いに向いているアクセサ
天然無処理ミャンマー産ルビーの画像

ルビーの原石が気付かせてくれること

私のお守りのようルビーの原石リング…後ろから光を照らすと… 正面の正三角形と逆の三角が現れ、イスラエルの国旗のような模様が浮かぶ。約2000万年前に結晶したマイルビーは、その頃から全く変わらない
ミャンマー産ルビー 天然無処理 シンギュラリティカット モリスルビーの画像

数千万年に結晶した時の地肌を残したモリスルビーを使ったジュエリー

人間の価値観で決まった形にカット研磨するのが、これまでの宝石の形。モリスは、原石の魅力的な形は「自然の造形美」だと思う。これまで、と「これから」のターニングポイントという意味をこめて、モリスでは「シン