一体ナゼ?モリスがルビー鉱山まで行った理由

一体ナゼ?モリスがルビーの鉱山まで行った理由

婚約指輪

ルビーの婚約指輪で彼女にプロポーズ。欧米ではこのスタイルは伝統的なスタイルです。

記念として残すものには、そのときの大切な気持ちや愛情がたっぷりと詰まっています。愛する想いや結婚の約束を形にして表現する最たるものが婚約指輪と結婚指輪。ふとなにかのきっかけで指先を見たときに、その瞬間の想いがぱっとよみがえる指輪は、ふたりにとっての「思い出のカプセル」。後世にも家族の思い出として受け継ぐことのできる特別なものなのです。

婚約指輪は男性から女性に贈られる愛の証

贈るときにプロポーズを受けれてもらえるか、男性にとって一世一代の大仕事です。「宝石は喜びを創造するものですから、本物であること、美しいものでないと素敵な思い出すらも薄らいでしまいます」。このような想いにいたったモリス創業当時のある出来事があります。この出来事はモリスをミャンマー産の天然無処理ルビー専門店にし、そして鉱山にまで向かう決意をさせた苦い経験がありました。

特別なルビーの婚約指輪

紅葉で有名な京都東山の東福寺の中門の隣でひっそりと創業したモリス。創業したてのモリスに、ルビーの婚約指輪の仕立て直しのお仕事が入った。お持ちいただいたお祖母さんは、今は亡きご主人様から贈られたルビーの婚約指輪を見つめながら思い出話をたくさん話してくれました。娘さんに残してあげられるのは、これくらいだから…でも形が古いので仕立て直しができないか?とのこと。

なんということか!?それは…人工合成されたルビーだった

大切なお仕事、喜んでお預かりするためにルーペを覗いたら…なんということか、人工合成されたルビーだったのです。お返しするときのことを考えると、黙ってお預かりする訳にもいかず、そのことを説明したら、先程までニコニコお話をしてくれたお祖母さんの表情が一転、「お祖父さんは、知らなかったはず…騙されたんだろうね」と涙が。「プロが宝石として販売してはいけない人工合成石ですが、ご主人様のお気持ちがこもったモノですし、その時代は宝石として販売されていたから、お祖母さんにとっては、まさに宝石です」とお伝えしましたが、全く慰めにならない。


ルビーの指輪

ミャンマー産の天然無処理ルビー

「お墓までもっていくわ…本当に残念だけど」とお仕立て直しもしないことに。人工合成ルビーがご主人様との山ほどあった思い出を壊してしまった気がしました。宝石は喜びを生み出すものなのに、悲しむ方を目の前にして、こうした想いを二度とさせてはいけないと強く思いました。天然無処理のルビーしか扱わないようになり、受け継がれるときに宝物として誇りに思えるものが宝石だ。とモリスの宝探しが始まりました。

ルビーの婚約指輪・結婚指輪

ミャンマー産天然無処理ルビーの婚約指輪はこちらから▷

関連記事

ルビーは婚約指輪の王道。ダイヤモンドよりも古いその歴史とはの画像

ルビーは婚約指輪の王道。ダイヤモンドよりも古いその歴史とは

実は最近、ダイヤモンド以外の婚約指輪を選ばれる人が増えているのを知っていますか?かつてはダイヤモンドの婚約指輪を贈る方が多かったのですが、インターネットの普及により伝統的な婚約指輪の形を知ったという人
モリスルビー 10AL0007 0.70ctの画像

モリスルビー 10AL0007 0.70ct

毎日更新・12月22日今日のルビー
モリスルビー 10AL0007 0.70ctの画像

モリスルビー 19AT0031 

毎日更新・12月23日今日のルビー