ミャンマーから届けられる宝物

ミャンマーから届けられる宝物

今までになかったルビーの流通パターン

モリスルビーは、今までの宝石の流通と全く違った考え方でできました。ビジネスであれば、採算が合うか?合わないか?を最初に考えてから始めるのが普通ですが、モリスは…「お宝を探し」に原産地へ飛びました。だから、ルビーを見る時は、「自分がお宝として持っていたいか?」という目線を持っています。ルビーしかやらない…と決めたのは、自信を持ってお宝だとオススメできるか?…と自らの眼で原産地で確認したかったからです。このコンセプトの宝石は、世界中探しても、無いはずです。モリスルビーに鑑別書など第三者の書類が付いていないのは、従来の流通の仕方と全く違うからです。今年からスタートした、シンギュラリティカットという一つ一つの原石に合わせて一つ一つ形を考えて磨く新しいスタイルも同じコンセプトから生まれました。

 

関連記事

ルビーは婚約指輪の王道。ダイヤモンドよりも古いその歴史とはの画像

ルビーは婚約指輪の王道。ダイヤモンドよりも古いその歴史とは

実は最近、ダイヤモンド以外の婚約指輪を選ばれる人が増えているのを知っていますか?かつてはダイヤモンドの婚約指輪を贈る方が多かったのですが、インターネットの普及により伝統的な婚約指輪の形を知ったという人
モリスルビー 10AL0007 0.70ctの画像

モリスルビー 10AL0007 0.70ct

毎日更新・12月22日今日のルビー
モリスルビー 10AL0007 0.70ctの画像

モリスルビー 19AT0031 

毎日更新・12月23日今日のルビー