ルビーの婚約指輪を贈るか迷っている君へ

ルビーの婚約指輪を贈るか迷っている君へ

ルビーの婚約指輪には言葉を超える力がある

ルビーの婚約指輪を贈られた新郎の声をご紹介します。

婚約指輪を買ったら「結婚しよう」って本気ですぐでも言いたくなったんです。

実際、ルビーの婚約指輪を受けとっとら、「サプライズで彼女の喜ぶ顔が見たくなった」

ルビーの婚約指輪が「彼女を幸せにするぞ!」と気合を入れてくれました。

「結婚してください」の言葉とルビーの婚約指輪で自分の想いを素直に伝えたかった

彼女は「いらない」って言ったけどそれでいいのかな?って自分の中で思ったんです。

ルビーの婚約指輪があるだけで「なんだか安心するな」って思いました。

 

 

指輪にまつわる男のギモン①

そんな素振りも見せてこないけど、彼女は本当に婚約指輪が欲しいの?

婚約指輪が欲しいと思っている彼女はなんと84%もいます!

欲しいと思っていても彼に素直に伝えられないのが彼女の本音。

指輪にまつわる男のギモン②

婚約指輪ってやっぱりプロポーズをするときにあったほうがいいよね?

実は婚約指輪は二人で決めるカップルが一番多いです。

でもサプライズで贈りたい男性も多く、それはすべて彼女の喜ぶ顔がみたいから。

特に特別な女性には最高なものを贈りたいのが男心、ダイヤ以上に希少なルビーを愛しているいる人に贈りたくなる気持ちは本当に素敵です。

ファッションで簡単にダイヤモンドが手軽に手に入る時代、街にはダイヤモンドがあふれています。

婚約指輪を愛を表現する特別なもの。そんな宝石にはルビーがぴったりです。

 

彼女に毎日つけてほしい

ルビーの婚約指輪が女性に好評なのが実は日常に使いやすく、毎日身に着けられるという部分です。

深みのある色石はさりげない輝きが知的な印象になるのでお勤めされている女性にはピッタリです。

高価なジュエリーを身に着けられないという方も多くいますが宝石の価値、文化がわかる方は宝石をつける意味を理解しています。

もともと宝石は受け継がれていくもの、華美な装飾という印象は間違えで、お母様から受け継がれたもの、軸をしっかり持っているという印象や、育ちの良さ、本物を知る人という印象です。

逆にプラスチックのガチャガチャしたジュエリーを身に着けていると気軽ではありますが、気軽という印象は好印象とは言えません。

自分を大切にできる人は人も大切にできるからです。

宝物を贈った男性はそれを喜んで身に着けてくれている彼女の姿を見るたびにうれしくなります。そういう宝物を用意してみてください。