ルビーは結婚にピッタリ

ルビーは結婚にピッタリ

「結婚」の意味、皆さまご存知ですか?

結婚…省いて良いモノ、絶対省いてはいけないモノ、あります。結婚の婚の字は、女へんに黄昏と書きます。昔の人は、黄昏時に結婚式を挙げていました。それは、人生の黄昏時まで、結ばれているという意味です。そして、婚約指輪は人生の黄昏時まで、夫婦として共に歩む「約束」の指輪なのです。「お金を貯めてから、婚約指輪を買います。」ごめんなさい。数年後に買う指輪は、婚約指輪とは言えません。その指輪の名はルビーの指輪であって婚約指輪は、結婚を決意した婚約期間にプレゼントしてこそ婚約指輪という名前がつくのです。このルビーの婚約指輪をプレゼントされた新婦様は一生に一度しかない、この大切な婚約期間をルビーの指輪と共に歩まれるのです。婚約指輪は、お二人の幸せな結婚生活の原点となる最も大切で特別な指輪です。宝石ルビーは、愛の色です。結婚指輪 結婚指輪には愛の石ルビーが、最も相応しい宝石です。

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。