岩石と結晶の違い

岩石と結晶の違い

よく会話の中で「愛の結晶」や「長年の努力の結晶だ」など、どちらかといえばポジティブな表現をしたいときに、 何か貴重なものの例えとして登場する「結晶」という言葉。石には、岩石と結晶がありますが、伝統的に四大宝石といわれ、皆さんもよくご存じなルビー、エメラルド、サファイア、ダイヤモンドは、みな結晶です。身近にある同じ石でも、御影石や大理石などの石は「岩石」と呼ばれます。色々な元素や結晶が混ざって一塊になったもので、規則正しく整列していないために、光が透過せずキラキラしません。対して結晶は、元素が規則正しく整列しています。運動会で子供たちが整列して行進している時を思い浮かべてください。目の前を通過していく子供たちの行列の間から、一瞬ごとに向こう側が見えるはず。それと同じで法則をもって整列すると光は透過されるのです。さて、ルビーの結晶の化学組成は「Al2O3酸化アルミニウムです。お馴染みの白くて軽く便利な元素アルミ2個と私たちの命の源、酸素3個が仲良く手をつないで、規則正しく整列した姿です。鉱物名「コランダム」と結晶です。そのコランダムにクロムという元素が1200の割合で混入すると赤くなり、宝石ルビーと呼ばれます。ちなみに、鉄とチタンがコランダムの中に入るとブルーサファイアになります。ルビーとサファイアは、鉱物的には同じ、兄弟姉妹のような存在です。さて、そのルビーを赤くする元素「クロム」は、ギリシャ語「クローマ=色」が語源ですが、このクロム、エメラルドの中に入いると緑色に発色させる要因になります。名前の通りです。

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

関連記事

地球の壮大なドラマが生んだミャンマー産ルビーの画像

地球の壮大なドラマが生んだミャンマー産ルビー

地球の宝物人類の歴史を通じて、王冠や装飾品とつかわれてきた宝石は、もともとはわたしたちの周りの岩石の中にあるものです。多くは、長い年月にわたる地質学的な変化でできた鉱物の結晶起源です。それらの結晶が取
ジェムクオリティのミャンマー産ルビー(天然無処理)の出現率の画像

ジェムクオリティのミャンマー産ルビー(天然無処理)の出現率

ルビーは通常、加熱処理をして美しさを改良し、流通しています。天然無処理で美しいルビーは、極端に希少性が高いため、せっかく採掘された原石も、そのほとんどは宝石として使うことができません。お宝として十分な
ミャンマー産ルビーが特別なのはの画像

ミャンマー産ルビーが特別なのは

ミャンマー産のルビーには、地球の壮大なストーリーが関係しています。ミャンマーのルビーは、太古の生命(微生物や魚介類)が残した堆積岩と9000万年前から南極大陸を離れ1年間に15センチという地球史にも類