特別なふたりの、ルビーという選択

特別なふたりの、ルビーという選択

~最も価値のある宝石ルビー~

ルビーはダイヤモンドと比較して200分の1の希少性。

そんなルビーの中でも1%以下の奇跡ともいわれるミャンマー産天然無処理で美しいルビーだけを扱うルビーの専門店Mori’s(モリス)のご紹介。

太古より「愛」を表す 美しい赤色の宝石・ルビー

ハートのマークがルビー色をしているのをご存知でしたか? ルビーの語源は、「ルビウス」 。旧ラテン語で「赤」という意味で、太古よりを表す色として親しまれてきました。

男性が膝をつき指輪を差し出して女性に求婚するプロポーズスタイルは、「ルビーの指輪」を贈られたことから始まったのをご存知ですか?

時を経ても変わらない 価値のある宝石を選ぶ理由

今でも特別な人に贈るブライダルリングで、ルビーが選ばれるのは、“愛”を意味する宝石であり、

また、ダイヤモンドを遥かにしのぐ高い価値があるからです。

しかし、一般に目にするルビーは、人工的に合成したものや人為的に処理をして美しさを

改良したものであり、ロイヤルファミリーが愛する「天然無処理で美しいミャンマー産のルビー」を

目にすることは、滅多にありません。

モリスは、その特別なルビーを原産地から直接届けてくれます。

 

嬉しいことも悲しいことも、思い出はルビーに刻み込まれていきます。時を経て人生を振り返った時、二人にルビーが語りかけてくれることは、きっと素敵な愛のある言葉となるでしょう。