還暦は、人生の新たなスタート

還暦は、人生の新たなスタート

還暦の贈り物には赤いものを

還暦(60才)を迎えると、近しい人たちが、赤いモノを贈ってお祝いするのは、古くからある習慣。その理由は、赤いモノは、昔から魔除けの意味があるという説、また、10干と12支の60通りの組合せが、60年でひとまわりし、自分が生まれた干支に戻るという意味で、「還暦」…もう一度、赤ちゃんに戻る、という意味があるそう。「赤いちゃんちゃんこ」(ずきん)

を贈るのも良いですが、今の時代の60才は、まだまだ現役、真っ最中。赤いルビーで、元気いっぱいに輝いて、
第2の人生のスタート。人生経験を積んだ人にピッタリなのが、宝石の頂点にあるミャンマー産の天然無処理で美しいルビー。大人の宝石です。

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

関連記事

地球の壮大なドラマが生んだミャンマー産ルビーの画像

地球の壮大なドラマが生んだミャンマー産ルビー

地球の宝物人類の歴史を通じて、王冠や装飾品とつかわれてきた宝石は、もともとはわたしたちの周りの岩石の中にあるものです。多くは、長い年月にわたる地質学的な変化でできた鉱物の結晶起源です。それらの結晶が取
ジェムクオリティのミャンマー産ルビー(天然無処理)の出現率の画像

ジェムクオリティのミャンマー産ルビー(天然無処理)の出現率

ルビーは通常、加熱処理をして美しさを改良し、流通しています。天然無処理で美しいルビーは、極端に希少性が高いため、せっかく採掘された原石も、そのほとんどは宝石として使うことができません。お宝として十分な
ミャンマー産ルビーが特別なのはの画像

ミャンマー産ルビーが特別なのは

ミャンマー産のルビーには、地球の壮大なストーリーが関係しています。ミャンマーのルビーは、太古の生命(微生物や魚介類)が残した堆積岩と9000万年前から南極大陸を離れ1年間に15センチという地球史にも類