3月の誕生石は実はルビー?

3月の誕生石は実はルビー?

3月は誕生石はアクアマリンのはずでは?

3月の誕生石ば、ルビー…。「3月はアクアマリンでは?」と思う方は多いだろい。しかし、フランスでは、3月の誕生石だ。日本や米国で使われている誕生石では3月は、アクアマリンで、ルビーは、7月の誕生石だが…。ルビーは何月の宝石なのか?誕生石には、入っていない。さてそれでは、ミャンマーでは、ルビーは何を表す宝石なのか?「GLORY」の象徴だ。至福、美観、壮観、光輪、天国、栄光、成功などを表す最高の宝石。宝石のビッグボス。実際に、ミャンマーの伝統的な指輪の中心にルビーが使われる。ダイヤモンドは、Dignityを(尊厳)パールは、Graceを(優雅)エメラルドは、Peaceを(平和)
トパーズは、Healthを(健康)ブルーサファイアは、Affectionを(愛情、影響力)ジルコンは、Strengthを(強さ)サンゴは、Chiefを表す。(長、指導力)各国、色々な言い伝えがあるということ。

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

関連記事

ルビーは婚約指輪の王道。ダイヤモンドよりも古いその歴史とはの画像

ルビーは婚約指輪の王道。ダイヤモンドよりも古いその歴史とは

実は最近、ダイヤモンド以外の婚約指輪を選ばれる人が増えているのを知っていますか?かつてはダイヤモンドの婚約指輪を贈る方が多かったのですが、インターネットの普及により伝統的な婚約指輪の形を知ったという人
一体ナゼ?モリスがルビー鉱山まで行った理由の画像

一体ナゼ?モリスがルビーの鉱山まで行った理由

記念として残すものには、そのときの大切な気持ちや愛情がたっぷりと詰まっています。愛する想いや結婚の約束を形にして表現する最たるものが婚約指輪と結婚指輪。ふとなにかのきっかけで指先を見たときに、その瞬間
ミャンマーから届けられる宝物の画像

ミャンマーから届けられる宝物

今までになかったルビーの流通パターンモリスルビーは、今までの宝石の流通と全く違った考え方でできました。ビジネスであれば、採算が合うか?合わないか?を最初に考えてから始めるのが普通ですが、モリスは…「お