天然無処理ルビールビーのトレーサビリティ

天然無処理ルビーのトレーサビリティ

ルビーのトレサビリティー

採掘から販売まで一貫して行います。

モリスはルビーの専門店。それも、ミャンマー産の天然無処理の美しいルビーだけの専門店です。モリスは採掘から販売まで一貫して行うことができる「ルビーのトレーサビリティ」を確立し、全ての作業中で宝石を取扱った際の記録を作成し保存しておくことで、この石がどこから来たのかを調べたり(遡及)、どこに行ったかを調べたり(追跡)することができます。「追跡可能性」と意訳される「トレーサビリティ」は食品だけでなく広く様々なものにも適用される内容ですが、今回はモリスにおける「ルビーのトレーサビリティ」を確立するまでをご紹介いたします。

採掘からカット研磨そしてルビー研究所

宝石ルビーを探しに原産地へ飛ぶと、ぷらっと買い付けしているレベルでは、本当に希少な天然無処理で美しいルビーを手に入れることはできないと感じました。日本の宝石商としては初めて、外部委託ではなく、自社社員が鉱山に駐在し採掘の現場に入ったモリスは、天然無処理で美しい原石が極端に少ないことに気付きました。品質ごとに見ていくと資産性の高いジェムクオリティは、ほぼ採掘されないことが分かったのです。

研究を目的に、限りある資源、天然ルビーの原石に鉱山で触れるようになったので、自社で加熱処理の実験を行い、宝石学会で加熱前後のルビーのインクルージョン(内包物)の熱変化を顕微鏡で撮影し、発表しました。自社でやって分かったことは、天然無処理で美しいルビーは、採掘の効率が悪く、事業として成り立たないために、現地に駐在し研究を続ける宝石商はもちろん、鑑別業者、博士もおらず、天然無処理のルビーについては、そのほとんどが、消費国のサンプル、もしくは中間業者の用意するサンプルで研究が続けられていました。自社でやって良かったのは、かなり高い精度で、処理の有無、原産地がルーペで見分けられる様になった事です。

美しいルビーを販売するためには美しいルビーを手に入れること

ルビーを見る時は,「自分がお宝として持っていたいか?」という目線を大切にしています。ビジネスであれば、採算が合うか?合わないか?を最初に考えてから始めるのが普通ですが、その場合は売ってお終い。その前のことも後のことも考えない中間業者のようなビジネスです。モリスは…自信を持ってお宝だとオススメできるものだけを扱いたいと考えています。そのためには自らの眼で原産地で確認する必要があったのです。いつか受け継がれるその時にその方と贈られた方のお気持ちをつぶさないために、本物でのお宝であることは、経年変化しない宝石ルビーを販売するには大切なことです。今後は、そのノウハウをこのHPでご紹介していきたいと思います。処理の有無によって、手放す時の売値に100倍の差が出ますので、気をつけたいポイントです。

ルビーの画像

RubyCollectionwを見る▷