プロポーズのはじまりとルビーの指輪の関係とは?

ブライダルメインビジュアル1-1

プロポーズのはじまりとルビーの指輪の関係とは?

大切なパートナーへの決意や、今感じている幸せな気持ち、これから始まるふたりの未来へ思いをはせて。選ぶ時、贈るとき、そして受け取るとき…。すの全てのシーンにふたりだけのストーリが存在するとっても大切なもの。それが[婚約指輪]と[結婚指輪]です。そんな大切なものだから、じっくりと、楽しんで選んでいただきたい。婚約指輪や結婚指輪はいつから存在するのか、どうして必要なのか。その価値を知ることで愛する人を、そして指輪への想いがより深いものに。ブライダルリングの歴史を知りこれまでの常識だと思っていた前提や価値観にとらわれずに、史実を紐解くことで見えてくることもあります。知っておいて欲しい大切なポイントをお伝えしています。

婚約指輪の宝石として伝統的に愛されてきたルビー

映画やドラマを見ている時にひざまずいて婚約指輪を捧げるシーンをよくみます。このひざまずいてプロポーズするのはいつから始まったのでしょう。それは、「プロテスタントの父」といわれ、宗教改革に取り組んだマルティン・ルターが始まりといわれています。豪商の息子として生まれたルターは、もともと宗教家ではなかったのですが、若き日に命を落としそうな事故に遭い、「助けてくだされば、あなたの生涯使用人になります」と神様に祈り、救われた命に感謝して、親の反対を押し切って宗教家になったという生真面目な青年です。その真面目さと柔軟な対応が市民に慕われ、あっという間に司教の座に就任しますが、誠実なだけにその上の人たちと対立し、最後には司教の座を追われることに。

有名なプロポーズのスタイルの始まり

一般市民に戻ったルターはクビになったその足で修道院へと向かいます。そこには以前より好意を抱いていた修道女のカタリナがいました。一生を神に捧げる覚悟で宗教家になったルターでしたが、市民となった今、最愛の女性に愛する想いを伝えられると向かったそうです。いざ告白の時、修道女は一般市民より身分が高かったので、ひざまずいて指輪を差し出して「私と一緒に来てください」と懇願した姿が有名なプロポーズのスタイルの始まりです。

なぜルターはルビーを贈ったのか?

そしてルターがプロポーズの時に捧げたのがルビーの婚約指輪でした。欧米では、プロポーズは文化として大事にされていて、男性は最愛の女性にプロポーズすることを誇りに思っています。一世一代の大仕事になるわけですから、NOと断られないために、シチュエーションや伝える言葉、贈りものに至るまで、一つひとつを真剣に選んで当日に挑みます。そのプロポーズの始まりといわれるルターが婚約指輪の宝石にルビーを選んだのは、最も高価な宝石であり、その宝石の力を借りて想いを受け入れてもらおうと願ったからだそうです。

 

ルビーの指輪選びはこちらから▷

関連記事

原産地ミャンマーから宝物をお届けするモリスルビーとは?の画像

原産地ミャンマーから宝物をお届けするモリスルビーとは?

大切なパートナーへの決意や、今感じている幸せな気持ち、これから始まるふたりの未来へ思いをはせて。選ぶ時、贈るとき、そして受け取るとき…。すの全てのシーンにふたりだけのストーリが存在するとっても大切なも
ルビーの選び方とは?の画像

ルビーの選び方とは?

大切なパートナーへの決意や、今感じている幸せな気持ち、これから始まるふたりの未来へ思いをはせて。選ぶ時、贈るとき、そして受け取るとき…。すの全てのシーンにふたりだけのストーリが存在するとっても大切なも
ダイヤモンド以外の婚約指輪の宝石とは?の画像

ダイヤモンド以外の婚約指輪の宝石とは?

大切なパートナーへの決意や、今感じている幸せな気持ち、これから始まるふたりの未来へ思いをはせて。選ぶ時、贈るとき、そして受け取るとき…。すの全てのシーンにふたりだけのストーリが存在するとっても大切なも