プロポーズの始まりとルビーの婚約指輪の関係とは?

ブライダルメインビジュアル1-1

プロポーズの始まり
正統派として
選ばれてきた
宝石ルビーとは?

プロポーズは大切なパートナーへの求婚の決意表明です。今感じている幸せな気持ち、そしてこれから始まるお二人の未来へ想いを馳せて。プロポーズを成功させるため、婚約指輪を選ぶ時、贈る時、その全てのシーンにお二人だけのストーリが存在する、とっても大切なものです。婚約指輪はお二人の大切な思い出を記録する「思い出カプセル」です。じっくりと楽しんで選んでいただきたいと思います。婚約指輪はいつから存在するのでしょうか?またどうして必要なのでしょうか?その価値を知ることで、愛する人を、そして指輪への想いがより深いものになっていきます。婚約指輪の歴史を知り、これまで常識だと思っていた前提や価値観にとらわれずに、史実を紐解くことで見えてくることもあります。知っておいていただきたい大切なポイントをお伝えしています。

 来店予約 
※郵便番号を入力すると、市区町村まで自動反映されます。

有名なプロポーズのスタイルの始まり

映画やドラマを見ている時にひざまずいて婚約指輪を捧げるシーンをよくみます。このひざまずいてプロポーズするのはいつから始まったのでしょう。それは、「プロテスタントの父」といわれ、宗教改革に取り組んだマルティン・ルターが始まりといわれています。豪商の息子として生まれたマルティン・ルターは、もともと宗教家ではなかったのですが、若き日に命を落としそうな事故に遭い、「助けてくだされば、生涯、あなたの使用人になります。」と神様に祈り、救われた命に感謝して、親の反対を押し切って宗教家になったという生真面目な青年です。その真面目さと柔軟な対応が市民に慕われ、あっという間に司教の座に就任しますが、誠実なだけにその上の人たちと対立し、最後には司教の座を追われることになりました。

一般市民に戻ったマルティン・ルターは、クビになったその足で修道院へと向かいました。そこには以前より好意を抱いていた修道女のカタリナがいました。一生を神に捧げる覚悟で宗教家になったマルティン・ルターでしたが、市民となった今、最愛の女性に愛する想いを伝えられると思ったのでしょう。いざ告白の時、マルティン・ルターがプロポーズの時に捧げたのは、ルビーの婚約指輪でした。修道女は一般市民より身分が高かったため、ひざまずいて指輪を差し出し「私と一緒に来てください。」と懇願した姿が、あの有名なプロポーズスタイルの始まりだったのです。

なぜマルティン・ルターはルビーを贈ったのか?

「婚約指輪として贈られる宝石はダイヤモンドではないの?」そう思われる方もいるでしょう。実は婚約指輪に「愛」を意味するルビーを贈ることが、伝統的な婚約指輪のスタイルなのです。欧米ではプロポーズは文化として大事にされているため、男性は最愛の女性にプロポーズすることを誇りに思っています。一世一代の大仕事になるわけですから、NOと断られないために、シチュエーションや伝える言葉、贈りものに至るまで、一つひとつを真剣に選んで当日に挑みます。そのプロポーズの始まりといわれるマルティン・ルターが婚約指輪の宝石にルビーを選んだのは、最も高価な宝石であり、その宝石の力を借りて想いを受け入れてもらおうと願ったからだそうです。

 

ルビーの婚約指輪をお探しなら、ルビー専門店モリスへ

モリスは、希少な「天然無処理で美しいミャンマー産ルビー」の専門店です。鉱山での「宝探し」から、全てを自社で行います。ルビーのことなら、モリスにお任せください。

 

 

愛を意味する宝石ルビー

婚約指輪といえばダイヤモンドというが現代の常識となっていますが、史実をひも解いていくと、婚約指輪の宝石として選ばれていたのはルビーが始まりだったことが分かってきました。ルビーが愛の証として贈られるようになったのは、日本の歴史でいうところの鎌倉時代までさかのぼり、ヨーロッパ王室の文化が始まりです。その当時の宝石にはお金以上の価値が与えられていて、婚約指輪を贈ることは貯金通帳を手渡すこと、つまり“財産の全てを託すから結婚してください”という覚悟を持って行われていました。“あなたと結婚したいという想いは本気です”という気持ちの表れとして、宝石の中でも人魅了する美しさを持つ宝石であり、希少性の高い価値があるルビーが選ばれたのです。

ルビーに込められるメッセージ

ルビーはもともと「生命」「勝利」をもたらす軍神の石として崇められていましたが王様未来の妻となる女性に贈り物として捧げてからは、「愛」を表すようになり現代にいたっています。今でもロイヤルファミリーなど特別な人々はルビーを婚約指輪として贈ります。高円宮典子様に贈られた指輪もルビーです。天然ルビーはますます需要が高まっています。天然無処理の美しいルビーはこの15年間で2~3倍の価格がつけられるようになりました。王族たちが愛した一生物の宝物を手に入れられる最後のチャンスといっても過言ではありません。

最高なプロポーズにするならルビーの婚約指輪がおすすめです

宝石ルビーは、太古より人類に愛されてきた最も歴史の長い宝ものでした。貨幣経済が始まる遥か以前から、その存在価値は高く評価されていました。ルビーが、四大宝石「ルビー、エメラルド、サファイア、ダイヤモンド」のひとつに数えられたのは、実は、それほど古い話ではありません。宝石が商業的に一般市民が売買できた歴史はそれほど長くないのです。15世紀イタリアのフィレンツェで、宝石の価値を金貨の枚数で表した書物があるので、そのころには売買されていたことが分かりますが、それでも500年余りでしかないのです。そのころは、ルビーがダイヤモンドの8倍の値段で取引されていました。財宝の頂点にあったのがルビーであり、それを貨幣価値と交換できる今はラッキーなのかもしれません。ルビーは一昔前は、貴族などのごく一部の限られた人々の宝石だったのです。

 

 来店予約 
※郵便番号を入力すると、市区町村まで自動反映されます。

関連記事

モリスブライダルの画像

モリスブライダル

ブライダルリングは、一生使う大切なジュエリー...しっかり選びましょう。宝石は、時を越えて受け継がれていく大切な「宝もの」であり、幸せな結婚生活の一瞬一瞬を覚えてくれる「思い出カプセル」です。「受
憧れのダイヤモンドにルビーを添えての画像

憧れのダイヤモンドにルビーを添えて

今の女性はルビーを求めている本当のところ45%の方がダイヤモンドではない宝石を婚約指輪の宝石として選んでいます。ダイヤモンドを選んだ人の数2000年▷▷▷2021年実は、あの人もルビーの
原産地ミャンマーから<br>宝物をお届けするモリスルビーとは?の画像

原産地ミャンマーから
宝物をお届けするモリスルビーとは?

大切なパートナーへの決意や、今感じている幸せな気持ち、これから始まるふたりの未来へ思いをはせて。選ぶ時、贈るとき、そして受け取るとき…。すの全てのシーンにふたりだけのストーリが存在するとっても大切なも