モリスの婚約指輪

モリスの婚約指輪

「ダイヤモンドとルビーで永遠の愛」

 

ダイヤモンドとルビーの指輪。

二本の指輪が組み合わさって一本になるギメルリングは、ルネッサンス時代より結婚にかかわる指輪に使われてきました。

 

なぜその時代からダイヤモンドとルビーが婚約指輪の宝石として選ばれたのでしょうか?

 

「愛情」を形で表現すると、ハートマークを想像されると思います。

そのハートマークに一番似合う色は赤色。赤色は旧ラテン語で「ルビウス」

ルビーの語源は「赤」です。

これは誰が決めたことではなく、私たち人類が古くから持つ感覚だと思います。

愛情を表現するのに一番相応しい宝石はルビーです。

 

そのためルビーは古くから結婚指輪の宝石として使われてきました。

 

ダイヤモンドの宝石言葉は「約束」や「不変」

ルビーの宝石言葉は「愛」「生命」

ダイヤモンドとルビーが二つ合わさると「永遠の愛」となります。

 

(画像は指輪88淡交社より引用)

 

HISTRIC RINGS 指輪88 四千年を語る小さな文化遺産たち
淡交社

関連記事

アラベスクリングの画像

アラベスクリング

アラベスクブライダルダイヤモンドとルビーで永遠の愛アラベスクリングの意味ルネッサンスの時代から男性が求婚する時には、ダイヤとルビーのついたリングを贈っていました。当時はダイヤモンドをカットする技術が無
結婚式に交換する指輪の画像

結婚式に交換する指輪

結婚の前後で指輪が登場するシーンといえばプロポーズのときや結婚式のときどんな指輪をどのシーンで使うのか、具体的な違いを知らない人も多いのでは?今回は、指輪が登場する場面ごとに、結婚にまつわる指輪に
プロポーズの時に<br>贈る指輪の画像

プロポーズの時に
贈る指輪

結婚の前後で指輪が登場するシーンといえばプロポーズのときや結婚式のとき。どんな指輪をどのシーンで使うのか、具体的な違いを知らない人も多いのでは?今回は、指輪が登場する場面ごとに、結婚にまつわる指輪につ