モリスの結婚指輪

ブライダルトップページ1

モリスの結婚指輪

「誠実な気持ち」「手を握る=忠誠を誓う」

結婚指輪のコンセプトをモチーフにした

伝統的なフェデリングと呼ばれる形

1200年代に普及したフェデリングの〔フェデ〕はイタリア語で〔忠実〕を表し、手と手を取り合った形が特徴的です。

HISTORIC RINGS 指輪88 四千年を語る小さな文化遺産たち 愛の証の指輪 P24から

心地よい小さなルビーがイエローゴールドにそっとセットされた、可愛らしい指輪です。あぶみ型のリングの上に、少し背の高いカボションカットのルビーがセットされています。ルビーは蛍光性が高く、内包物の状態からみてビルマ(現ミャンマー)産の無処理で美しいものです。握り合う手のリングは、イタリア語で忠実を意味するフェデリングと呼ばれ、愛を伝えるデザインとして使われました。握り合う手のモチーフは二人の愛の証として古代ローマ時代からあり、中世に復活した後、12世紀には、イギリスでも用いられるようになりました。以来、婚約、結婚指輪として好まれてきたスタイルです。最近は、婚約指輪といえばダイヤモンドが一般的ですが、中世からルネッサンス期にかけての多くの指輪には、愛やハートの象徴としてルビー使われていました。

◇指輪88(淡交社)より文章引用 原稿:モリス  森孝仁

MORIS FEDE RING

フェデリングの握り合う手を、優しさと、力強さで表現した結婚指輪です。煌めくダイヤモンドが婚約指輪と重ねつけすると、より豪華な印象に。指輪の内側には愛を表す宝石ルビーを一石留めています。 

1200年代に普及したフェデリングの〔フェデ〕はイタリア語で〔忠実〕を表し、手と手を取り合った形が特徴的です。

HISTRIC RINGS 指輪88 四千年を語る小さな文化遺産たち
淡交社

関連記事

アラベスクリングの画像

アラベスクリング

アラベスクブライダルダイヤモンドとルビーで永遠の愛アラベスクリングの意味ルネッサンスの時代から男性が求婚する時には、ダイヤとルビーのついたリングを贈っていました。当時はダイヤモンドをカットする技術が無
結婚式に交換する指輪の画像

結婚式に交換する指輪

結婚の前後で指輪が登場するシーンといえばプロポーズのときや結婚式のときどんな指輪をどのシーンで使うのか、具体的な違いを知らない人も多いのでは?今回は、指輪が登場する場面ごとに、結婚にまつわる指輪に
プロポーズの時に<br>贈る指輪の画像

プロポーズの時に
贈る指輪

結婚の前後で指輪が登場するシーンといえばプロポーズのときや結婚式のとき。どんな指輪をどのシーンで使うのか、具体的な違いを知らない人も多いのでは?今回は、指輪が登場する場面ごとに、結婚にまつわる指輪につ