永遠の愛を誓う婚約指輪
ダイヤモンドとルビーで永遠の愛

ダイヤモンドリング3

永遠の愛を誓う婚約指輪
ダイヤモンドとルビーで永遠の愛

プロポーズの言葉とともに、永遠の愛の証として贈られる婚約指輪(エンゲージリング)婚約指輪といえばダイヤモンドというのが現代の常識になっていますが、その歴史は意外に浅く、史実を紐解ていくと、婚約指輪の宝石として選ばれてきたのはルビーが始まりだったことが分かってきました。ルビーが愛の証として贈られるようになったのは、日本の歴史でいうところの鎌倉時代まで遡り、ヨーロッパ王室の文化が始まりです。その当時の宝石にはお金以上の価値が与えられていて、婚約指輪を贈ることは貯金通帳を手渡すこと、つまり「財産の全てを託すから結婚してください」という覚悟をもって行われてきました。「あなたと結婚したい気持ちは本気です」という気持ちの表れとして、宝石の中でも、人を魅了する美しさを持つ石であり、希少性の高いルビーが選ばれたのです。ルビーはもともと「生命」「勝利」をもたらす軍神の石として崇められてきましたが、王が未来の妻になる女性に贈り物として捧げてからは、「愛」を表すようになり、現代にいたっています。 
女性の憧れ、光輝くダイヤモンドに「愛」を表す宝石ルビーを添えてプロポーズされませんか?

関連記事

ダイヤモンドの個性の画像

ダイヤモンドの個性

地球が誕生して45億年、その壮大な歴史のなかでダイヤモンドは10~30億年前に地表から150km以深の上部マントルのマグマの中で、高温高圧の環境下、液体の炭素がダイヤモンドの結晶へとその姿を変えたとこ
モリスの結婚指輪の画像

モリスの結婚指輪

「お互いがお互いを誠実に思いやる気持ち」モリスの結婚指輪は、史実に基づき「手を握る=忠誠を誓う」結婚指輪のコンセプトをそのままに「お互いがお互いを誠実に思いやる気持ち」を大切に表現した作品をお創り
モリスブライダルの画像

モリスブライダル

ブライダルリングは、一生使う大切なジュエリー...しっかり選びましょう。宝石は、時を越えて受け継がれていく大切な「宝もの」であり、幸せな結婚生活の一瞬一瞬を覚えてくれる「思い出カプセル」です。「受