宝の石ルビーをお届けし感動を創造する

宝の石ルビーをお届けし感動を創造する

ルビー専門店「宝物を見つけるためにミャンマーへ向かったモリス」

モリスのホームページをお訪ねいただきありがとうございます。
モリスは宝石ルビーの専門ブランドとして、良質の天然無処理ルビーを産地ミャンマーから皆さまにお届けします。

手間がかかっても原石から研磨加工まですべてミャンマーにあるヤンゴンの自社工房で行うのは、宝石は100年経っても、200年経っても変わらず、初めて手にしたときの

「気持ち」と一緒に受け継がれていくモノだから…。100年後も価値の高いルビーであるかどうか?はとても大切なことです。
現在数多く流通している人工・加熱処理を施した商業用のルビーではなく、自分たちの眼で、天然無処理で美しいルビーだけ探し、一生の宝物を探すお手伝いをしたい。
あなたの宝の石ルビーに出会うためにぜひともモリス店舗にお越しください。社員一同ご来店をお待ちしております。

おじいさんから贈られたルビー婚約指輪

京都東山・東福寺の隣で開業し、新しく仕事を始めたばかり右も左もわからず途方に暮れていた時、ご近所のおばあさんが「景気づけに仕事をあげましょう」と、おじいさんから贈られた婚約指輪を娘さんにあげようとお仕立て直しのご依頼がありました。
その指輪はおじいさんに「家が買えるくらいの価値があるから大切に…」と贈られ、おじいさんが亡くなられた後も形見として大切にされてきた宝物でした。
しかし、お預かりする時に宝石をルーペで確認したところ人工合成石でした。(100 年前には世界中で宝石ルビーとして販売されていましたが今では数百円で買えるもの) ルビーといえば世界の王侯貴族の王冠を飾るなど特別な宝石として認識され、伝統的に最も価値の高い宝石とされてきました。しかし1883 年にフランスで発明された人工合成石の発売、またその後、加熱処理など人為的に品質改良された(見た目が高級ルビーに見える)ルビーが大量に供給されたことによりどれが伝統的に価値の高いルビーだったのか?わからなくなってしまいました。価値判断の難しい宝石と言われるのは、その為です。
悲しいことに、おじいさんから贈られた指輪のルビーはまさしくその人工合成石だったのです。
おばあさんのショックは大変大きく、涙を流しながら「おじいさんとの色々な思い出を全て思い出したくなくなった。お兄さんも大変な仕事を始めてしまったね…」と絞り出されるように言われた一言が今も忘れられません。
同じルビーといわれても、人工的に生み出されたルビーと自然が生み出した人の手の加わらない宝石ルビーは大きく価値が違います。
お届けするルビーは、思い出を潰さない、家宝として、受け継がれる時に思える宝石ルビーでありたいと思い、モリスは天然無処理のルビーだけを扱うことを決意しました。

現地で自分の眼で宝だと確信したルビーだけをお届けしたい

「いつか受け継がれる時にお宝の扱いを受ける宝石ルビー」…2000年に宝の石ルビーを求めてミャンマーへ向かいました。当時のミャンマーはかつてのビルマ式社会主義による鎖国状態とその後の軍事政権による民主化抑圧に対する国際社会からの制裁のため、約50年も国際社会から隔絶された状態にあり、「ルビーはお金よりも価値が高い」と言われていた時期です。しかし市場では、無数の「ルビーと呼ばれる」よくわからない石に出会う。天然無処理で高品質のルビーはとても希少なため、その当時の首都ヤンゴンでさえ、ルビーと呼ばれる石の大半は、人為的に処理され美しさが改良されたものでした。天然無処理で美しいルビーは見つかりません。文字通り宝さがしでした。なにが本物か?わからなくなる毎日を過ごし、フッとあることに気づきました。「もし、私がミャンマー人で、お金よりも価値が高く、ルビーの資源が残り少ないことを知っていたとしたら、よくわからない外国人がやってきて最高のルビーはどこだ?といわれて、ホイホイと見せてくれるだろうか?」ということ。「私が彼らの立場だったら、外国人が欲しがる、本当に良いものを大事な子孫のために隠すだろうな…」という当たり前の現実でした。そして行きついたのは「自分で採掘するしかない」でした。原産地ミャンマーに会社を創って、仲間と一緒に採掘現場に行けば、本当のことがわかるはず。それから手探りでモリスの挑戦が始まり、運命的な出会いのもと2004年にミャンマー現地法人を設立。2007年に北部カチン州Nam-Ya ルビー鉱山の採掘権を取得し、今もモリスを支えてくれる現地社員と採掘を始めました。探し当てた原石は、ヤンゴンの自社工房で自分達で研磨できるように工房をつくり、元ヤンゴン大学の鉱物学者故ミンカイ教授に入社いただき本物のルビーを保証する制度を確立するためにルビー研究所を立ち上げました。

それ以来、すべてのルビーの内包物( インクルージョン)を顕微鏡で撮影、保存、そのデーターを基に保証書の発行を始めました。今では4万枚以上(2019年現在)のインクルージョンの写真をファイリングするまでの情報が蓄積されました。お蔭様で、モリスはミャンマー産天然無処理ルビーを保証できる唯一のブランドになりました。

それから18年後、2018年12月にニューヨークで開催された高級美術品のオークション Sotheby’s( サザビーズ)のMagnificent Jewels でモリスブランドルビー( ロット#157) が高額で落札されました。

鉱山から世界へ「宝の石ルビー」が届けられました。還流市場である、サザビーズで高額で落札されることは、資産性があるルビーだと認められたということであり、自然の造形美であるルビーが「お宝」であったということを実感しました。

おばあさんの一言から始まったモリスは約20年かけて、自分たちの言葉で、「喜びを記憶して次の世代へ受け継いでいくお宝ルビーです」と保証できます。安心して皆さまの想いを詰め込んでください。モリスルビーは、いつしか、あなたのシンボルとなって受け継ぐ方に喜びを創ります。「ルビー探しは、宝探し」です。いつか皆様にお会いできることを楽しみにしております。

株式会社モリス 代表取締役 森孝仁


ご来店予約はこちらから▷