ルビーの婚約指輪はモリスへ

4xef

ルビーの婚約指輪はルビー専門店におまかせ

ルビーの語源は、「ルビウス」。旧ラテン語で「赤」という意味で、太古より“愛”を表す色として親しまれてきました。ルビーを贈ることは最大の愛情表現でした。実は、女性の憧れのあの男性が膝をつき、指輪を差し出して女性に求婚するプロポーズスタイルは、「ルビーの指輪」を贈られたところから始まっていたことはご存知でしたか?日本ではあまり知られていませんが、ルビーを婚約指輪として選択することは、中世の欧米から続いている伝統的な婚約指輪の選択スタイルです。ルビーをお探しの方なら必ず行くべき、世界で唯一のルビー専門店が銀座と京都にあります。ルビーの中でも「1%以下の奇跡」ともいわれているミャンマー産天然無処理で、美しいルビーだけを扱う専門店「Mori’s(モリス)」が、ルビーのブランドのプロがルビーの魅力お伝えします。

ルビーの婚約指輪

ルビーは愛を意味する宝石、ダイヤは永遠を意味する宝石二つ合わせて永遠の愛をあらわしています

RESERVATION

婚約指輪、結婚指輪は、これからのおふたりでつくり上げていく「幸せな結婚生活」のシンボルです。同じルビーは、2つしてありません。ルビーの選定と、そのルビーの個性にあったジュエリーの構想に気をつかっていただきたいと思います。お問い合わせはモリスの店舗まで。

見つける、見つかる、二人の愛のカタチ

ルビーは一石、一石すべてが違う、表情と個性があります

時を経ても変わらない価値のある天然無処理ルビーを選ぶ理由

ルビーなら何でもいいというワケではありません

ルビーなら何でもいいというワケではありません。婚約指輪にふさわしい宝石はルビーの中でも特別なルビーである必要があります。一般に目にするルビーの99%以上は、「天然無処理で美しいルビー」ではなく、人工的に合成さいたものや人為的に処理をして美しさを改良したものです。ロイヤルファミリーや世界の皇族などが愛する宝石「天然無処理で美しいミャンマー産のルビー」を目にするのはとても稀です。受け継いだ時に価値の変わらない宝石を選ぶことが大切です。「モリス」は、その特別なルビーを原産地から直接届けています。ルビーが今でも特別な人に贈る婚約指輪として選ばれる理由は、ルビーが“愛”を意味する宝石であることと、その高い希少価値にあります。ルビーはダイヤモンドの200分の1の希少性があり、ダイヤモンドを遥かにしのぐ高い価値があるのです。


私達らしいルビーという選択

ルビーはいつしかお二人を表現するシンボルになります

ルビーはいつしかお二人を表現するシンボルになります。そして継承された方へお二人の考え、生き様を伝え勇気を与えてくれます。贈る瞬間だけでなく、これから長く続く二人の未来もそしていつか受け継がれるその方の気持ちもお二人の代わりに守り続けます。ルビーは喜びと感動を創造し続ける宝物となることでしょう。ルビーは「愛」「力」「生命力」を表す宝石です。これからのお二人の長い人生、結婚生活を送る中で、素晴らしいこともそうでないことも、いろいろ起きることでしょう。でも大切なのはお互いを思いやる「愛情」と力を合わせていく「強さ」です。ルビーとダイヤモンドで「永遠の愛」。伝統を大切にし、変わらない愛を持ちづけたいと考える、お二人らしいルビーという選択もありかもしれません。

Mori’s Bridal Ring Collection

ルビーのお問い合わせはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーは婚約指輪の王道。ダイヤモンドよりも古いその歴史とは

ルビーは婚約指輪の王道。ダイヤモンドよりも古いその歴史とはの画像

ルビーは婚約指輪の王道。ダイヤモンドよりも古いその歴史とは

実は最近、ダイヤモンド以外の婚約指輪を選ばれる人が増えているのを知っていますか?かつてはダイヤモンドの婚約指輪を贈る方が多かったのですが、インターネットの普及により伝統的な婚約指輪の形を知ったという人