受け継ぐ宝石として選ぶルビー

受け継ぐ宝石として選ぶルビー

あなたは、宝石のことをどれぐらい知っていますか?

憧れのジュエリー、ショーケースの前で思わずため息をもらした経験が誰しもあることでしょう。宝石が留められたジュエリーや貴金属で作られたジュエリーなど色々な種類のものがあります。私たちは、宝石ジュエリーのことを、どのくらい知っていることでしょうか?

ジュエリーには3種類あります

ジュエリーとは、身に着けて楽しむ装身具のことです。巷にはさまざまな装身具が存在しますが、大きく分けると3つの種類があります。モリスは、ミャンマー産の天然無処理で美しいルビー。価値の高い宝石を用いたジュエリーを専門にしています。

①価値の高い宝石を用いたジュエリー

(価値の高い宝石は、ジュエリーの枠が古くなったり傷んだら、宝石を外して新たな枠に装着されます。これは経年変化のない宝石ならでは)

②色や輝きを楽しむための宝石を使ったジュエリー

(コスチュームジュエリーと呼ばれ、身にまとうこと、使うことが価値であるため、使えなくなると大半は、捨てられてしまう。還流することは、ほとんどありません)

③金やプラチナなどの貴金属でできたジュエリー装飾品

(貴金属の装身具は、時代ごとのファッションに合わせてデザインされます。やがてトレンドでなくなると身につけることがなくなり、溶かされ、新たなジュエリーへとつくり替えられます)

人間は幸運な偶然から宝石に出会った

宝石の定義…美しく、希少性が高く、経年変化がない、自然の造形美

価値ある宝石は、地球という大自然が生み出し造形美であり、天然無処理で美しいということが大切なポイントです。

母なる地球に育まれ、奇跡的な偶然が重なり合い、私たちは本物の価値ある宝石(ルビー)に出会います。

宝石ルビーの非常に希少性は、ダイヤモンド、エメラルド、サファイアを遥かに凌ぎますが、一般的にルビーと呼ばれ販売されているモノは、人為的の加熱などの処理をして美しさを改良したものです。同じルビーという名前であっても、その希少性は大きく違うので、購入の目的をお店に伝えて下さい。ファッション、アクセサリーとしてお使いになることが目的であれば、人工的に合成されたものでも十分に楽しめます。ただ、大切な思い出の記念(アニバーサリー)(ブライダル)や受け継いで行きたい宝石には、価値の高い宝石をお求めになられるのが良いでしょう。

ルビーの場合は、ミャンマー産の天然無処理で美しいものをおすすめします。


宝石の価値を見分ける

宝石の価値は、その宝石の品質を見分け、その宝石が歴史的にどの様に認識されてきたか?という伝統と慣習を理解し、更にその宝石の需要と供給のバランスを見て判断します。

宝石の品質判定

(ア)宝石の種類 天然ルビー/ルビーとよく似た宝石(スピネルやガーネットなど)人工合成ルビー/赤いガラスなど

(イ)原産地 ルビーの場合は、ミャンマー/タイランド/インド/アフリカ/ベトナム…

(ウ)処理の有無 人為的に美しさを改良しているかどうか?(加熱処理/充填/表面拡散処理等)

(エ)美しさ 見た目に美しいかどうか?(クオリティスケール*1)

(オ)色の濃淡 適切な色の濃さがあるかどうか?(クオリティスケール*1)

(カ)欠点 破損の原因になるようなモノの有無

(キ)サイズ 大きさ

宝石を購入する際には、第三者である宝石鑑別業者が発行する「鑑別書」が参考にされますが、鑑別書は(ア)(イ)(ウ)を化学的視点から分析した結果を報告したものであり、品質を保証するものではないこと理解しておく必要があります。

ミャンマー産天然無処理ルビーで作られたクオリティースケール

(2)伝統と慣習

ルビーは長い間人々に宝物として大切にされてきた歴史がある宝石です。人類史上最も高い価値が認められたルビー。その語源は「ルビウス」旧ラテン語で「赤」を表すことばです。    歴史的に、最も古くから人類が興味を持ったのが赤色だと言われており、人類最古の顔料もレッドオーク(赤土)を焼いて作ったモノです(10万年前ブロンボス洞窟)。天文学から現在の時間や角度などの観念である六十進法を発明したシュメール人(のちのバビロニア)が文明を開花させた時代には、赤い宝石ルビーは「さそり座」の恒星アンタレスの宝石として、強さ、権力者の象徴とされました。欧州のレッドカーペットの習慣をはじめ世界中で、慣習として伝えられています。旧約聖書に「人の知恵はルビーにも勝る」という一句、古代宝石文化が栄えたインドのサンスクリット語でルビーは「ratnaraj」宝石の王と呼ばれた等々、ルビーの場合は枚挙にいとまがなく、伝統と慣習の面からもその高い価値を下支えしています。

(3)需要と供給のバランス

処理の有無については、人為的に美しさを改良する理由は、伝統的に需要が高いルビーですが、天然無処理で美しいモノは少ないからです。時間の経過とともに市場に多くなるモノは、宝石としての価値が高いとは言えません。鑑別業者の発行する分析結果報告書に「加熱された痕跡が認められない」というコメントがあっても、その宝石の品質によって、それぞれ需要と供給のバランスが変わります。一つ一つの宝石の品質を判定した上で、見分けたいポイントです。モリスは、それぞれのルビーの品質を見分け、保証書に品質を明記しています。

モリスルビーの特徴

天然無処理で美しいミャンマー産のルビーだという事を保証し、安心をお届けするためにすべての採掘からお届けまで一貫して行います。

お客様に相性の良いルビーをお届けしています

そのルビーの個性「インクルージョン」

それぞれのルビーには、固有のインクルージョン(内包物)があり、そのルビーにも個性です。すべてのモリスルビーの品質保証書には、インクルージョンの顕微鏡拡大写真が添付されています。

小さな宝石ルビーの中に広がるもう一つの世界をお楽しみください。

ルビーの品質を見分ける際に、インクルージョンの観察は、産地や処理の有無を判別するさいの重要な手がかりになるために必須です。ご購入前に確認しておきたいポイントの一つです。

銀座にあるミャンマー産天然無処理ルビー専門店モリス

銀座並木通りにあるモリスは「ミャンマー産天然無処理ルビー」専門の宝石店です。世界で最も美しいルビーが採掘される国、ミャンマー。ミャンマー産の天然無処理ルビーで美しいものは「希少性」の高さと「美しさ」そして「経年変化のなさ」という、宝石本来の価値をすべて備えた存在です。モリスは採掘からカット研磨、研究所で検査とインクルージョン撮影と一貫した作業を自社で行うトレサビリティを確立してルビーを販売しております。ルビーを人工的な処理を加える事無くありのままに美しい宝物を皆様の手元にお届けします。