ダイヤモンド
D22JY0004

M

ダイヤモンド
D22JY0004

ダイヤモンド D22JY0004

Carat(重量)0.06ct
Size(寸法)2.5mm
Quality (品質)GEM( G - VS )
Fluorecence(蛍光性)None

ダイヤモンドの特徴

ルビー専門店モリスの姉妹ブランド「µミュー」は、天然無処理の宝石のみを使って、毎日気軽に本物を身に着けていただきたいという思いから、京都の自社工房でジュエリーをお創りしています。「今日のダイヤモンド」は、昨日に引き続きµミューで人気の「Star」シリーズ、リングのメインストーンとして使用した直径2.5㎜の煌めくダイヤモンドをご紹介します。カラーグレードは、ほぼ無色のGカラー。クラリティグレード(透明度)はVSクラス。VSクラスは、極僅かなインクルージョンが存在する品質で、熟練の鑑定士が10倍に拡大した際に内包物などの確認が困難なグレードです。一般の方が肉眼で確認するのはもちろんの事、10倍のルーペで拡大しても内包物等を認めることは困難です。そこで80倍に拡大してダイヤモンドの内側の世界を覗いてみることにしました。するとダイヤモンドをフェイスアップ(ダイヤモンドを上から見る)で見ると、一番上のテーブルファセット(8角形の平らな面)にCLOUD(クラウド)が見つかりました。CLOUDとは、無数のピンポイントが密集して雲か綿状に見えるものをいいます。CLOUDは、広い範囲にわたっている場合、石全体の透明感を損ない輝きに大きな影響を与える為、減点は大きいですが、「今日のダイヤモンド」は、ほんの一部に確認できただけで美しさを損なうものではなく減点の対称にはなりません。また小さな擦り傷のような形をしたクリスタルインクルージョン(結晶内包物)が発見されました。地球が誕生して45億年、その壮大な歴史のなかでダイヤモンドは1030億年前に地表から150km以深の上部マントルのマグマの中で、高温高圧の環境下、液体の炭素がダイヤモンドの結晶へとその姿を変える時に、他の鉱物が一緒に取り込まれたのでしょう。この小さな直径2.5㎜のダイヤモンドも、80倍に拡大して眺めていると、とても神秘的な宝物に感じます。そのダイヤモンドの周りには、より小さなメレーダイヤモンドで取巻き、その内の一石に、赤いルビーをセッティングしました。ダイヤモンドは永遠を表し、ルビーは愛を表す宝石です。ダイヤモンドとルビーで「永遠の愛」、伝統的なブライダルリングのスタイルです。

ダイヤモンド
MD0085

ダイヤモンド<br>MD0085の画像

ダイヤモンド
MD0085

ダイヤモンドの特徴昨夜、京都はぐんと冷え込み、今朝も窓が開けられないほど、外は冷たい風が吹いていました。急に秋が訪れたようで、そろそろ衣替えが必要かもしれません。それでは、今日も一石のダイヤモンド

ダイヤモンド
MD0084

ダイヤモンド<br>MD0084の画像

ダイヤモンド
MD0084

ダイヤモンドの特徴今日は10月2日。つい先日まで、日陰を縫って歩いていましたが、今朝の京都は急に冷え込み、日向を探しながら出勤してきました。季節の変わり目は、寒暖の差が大きく体調管理が難しい季節で
 お問い合わせ  京都三条本店来店予約  銀座店来店予約 
※郵便番号を入力すると、市区町村まで自動反映されます。