ダイヤモンド
MD0114

MD0014

ダイヤモンド
MD0114

ダイヤモンド MD0114

Carat(重量)0.043ct
Size(寸法)2.2mm
Quality (品質)GEM( G - VS)
Fluorecence(蛍光性)NONE

ダイヤモンドの特徴

京都はここ数日、秋晴れの良いお天気が続き、日中は30度近くまで気温が上がっています。朝晩の寒暖差が大きいこの時期は、体調管理が難しいです。くれぐれもお気をつけてお過ごしください。さて、今日も一石のダイヤモンドの特徴(個性)を見て行きます。今日ご紹介する「今日のダイヤモンド」は、重量が0.043ct、直径サイズは2.2mmと小粒のメレー・ダイヤモンドです。カラーグレードは、「無色」のD,E,Fカラーの次のグレード、「ほぼ無色」のGカラー。そしてクラリティグレードは、VSクラス(Very Slightly Included・べリー・スライトリー・インクルーデッド/熟練の鑑定士が10倍に拡大して特徴(個性)等がなんとなく確認でき、微小と特徴づけられる程度。)そのため、肉眼では、インクルージョン(内包物)を確認することができませんでした。そこで顕微鏡で80倍に拡大してダイヤモンドの内側の世界を覗いてみることにしました。直径2.2mmのメレー・ダイヤモンドをピンセットで優しく挟み、フェイスアップ(上部)で特徴(個性)を観ていきます。メレー・ダイヤモンドの一番上にあるテーブルと呼ばれる8角形の平らな面に、一つだけ、クリスタルインクルージョン(結晶内包物)が発見されました。またテーブル面と、一番外周にあたるガードルファセットの中間あたりに、3つのフラクチャーが確認されました。フラクチャーとは劈開方向以外の割れのことを指します。これらは、80倍に拡大してようやく確認できる程度のインクルージョンのため、輝きに影響を及ぼすものではなく、また耐久性を脅かすものではありません。むしろ、これらのインクルージョンは、天然の証であり、このメレー・ダイヤモンドのみがもつ唯一無二の個性です。直径僅か2.2㎜のキラキラと煌めくこの美しい輝きの中には、壮大な宇宙のドラマと地球誕生の秘密が晶化されているのです。そんなロマンを感じながらダイヤモンドの内側の世界を覗く時間は、とても贅沢な時間でもあります。明日からの三連休、たまにはゆっくりと宝石の内に秘めた小宇宙を楽しまれませんか?モリス京都三条本店、モリス銀座店では顕微鏡を覗きながら、優雅な時間をお楽しみいただけます。芸術の秋の一つの楽しみ方を是非。

 

ダイヤモンド
MD0141

ダイヤモンド<br>MD0141の画像

ダイヤモンド
MD0141

ダイヤモンドの特徴緑から黄色、黄色から赤。京都御苑の一本の木が織りなす美しいグラデーションの紅葉。紅葉狩りに最高の時期、京都御池通りには、今朝も沢山の観光バスが待機していました。そんな中、見慣れな

ダイヤモンド
MD0140

ダイヤモンド<br>MD0140の画像

ダイヤモンド
MD0140

ダイヤモンドの特徴昨日夕方、少し雨が降った京都ですが、夜には雨も上がり、夜空に美しいお月様をみることができました。11月の満月は昨日ご紹介したように「ビーバームーン」と呼ばれ、多くの方が、美しい月
 お問い合わせ  京都三条本店来店予約  銀座店来店予約 
※郵便番号を入力すると、市区町村まで自動反映されます。