ルビーの森

ルビーの森

の画像

「中央は元々ルビーのアームバンドとして使われていたものを作り替えたブローチ」18世紀から19世紀にかけて、ムガール帝国時代に1847年創業の(フランス、パリ)カルティエによって1920年代終わりから
1月31日は「愛妻の日」だそう。の画像

1月31日は「愛妻の日」だそう。

インターネットで今日は、「愛妻の日」だそう。ここから引用>1月31日は「愛妻の日」。1(I=アルファベットのアイ)+31(サイ)という語呂合わせから、日本愛妻家協会という団体が2006年に制定した
太古より特別な人に大切にされた宝石ルビーの画像

太古より特別な人に大切にされた宝石ルビー

ルビーは、古くから宝石として大切にされていた。古代から中世にかけて書物への記述が少ないのは、国王の王冠を飾る宝石について、一般人があれこれ書くことは許されなかったから。旧約聖
ルビーを手放すときは、是非ご相談ください。ルビーの専門家として適切なアドバイスができるとと思う。の画像

ルビーを手放すときは、どうすれば良いのか?

大切にしてきた宝石を売ったらどのくらいの価値になるか? … と買ったところに持って行ったら…値段が付かないということが良くあるようだ。これには、理由が二つある。一つは、持ち込んだ先のお店、質屋
赤い宝石がついたブローチの画像

1500年前...ドナウ川の近くに住んだ女性が着けた赤い宝石がついたブローチ

弓のブローチガーネットと金を被せた銀製東ドイツ西暦400年~500年フィッチャー ファンド 1947年このブローチは、西暦400年から450年にかけて東ドイツのドナウ川沿いに住んでいた女性が
モリスのシンギュラリティカットを磨く職人さんは語るの画像

ルビーを磨き続けるモリスの職人

 モリスルビーを研磨し続けるモリスの職人。写真のゾーミンチョーさんは、もう12年ぐらいずっと毎日ルビーの原石と磨き続けてくれる。ゾーミンチョーさんの部下であるミンゾーさんは、もう15年間続けてく
ミャンマー産天然無処理で美しいは大自然からの希少な贈り物。大切に大きく残してあげたい。の画像

大自然の造形美であることを表現したい…モリスルビーのシンギュラリティカット

ミャンマー最北部ナヤンのルビー鉱山で採掘されたルビー1.6ctの原石。商業用のジュエリーの枠で使うためには、1ctぐらいのサイズまで小さくする必要がある。「人間が勝手に自然の形を考えていくのではな
メトロポリタン美術館で見たビザンチンのネックレスの画像

西暦500年代の細かい装飾が施された金のネックレス

西暦500年代のビザンチン金の宝飾ネックレス (1902年にキプロス島のカンバスで見つけられた)11個の大きく細かい装飾の施された、十字架、2個の葉のモチーフ、8個の取っ手がついた様々な形の花瓶は、
希少性の高いミャンマー産のルビーが、なかなか日本に届かなかったのは…の画像

キプロスで発見されたビザンチン真珠のネックレス

地中海に浮かぶキプロス島で発見されたビザンチンのネックレス。説明文より1902年にキプロス島からバスで発見された真珠とエメラルドのビザンチンのゴールドネックレス西暦500~700年シンプルでエ
人の感性に響くデザインは時代を超えて…ビザンチンで流行ったヒヤシンスのイヤリングを見て感じるの画像

人の感性に響くデザインは時代を超えて…ビザンチンで流行ったヒヤシンスのイヤリングを見て感じる

…メトロポリタン美術館の入り口に入ってすぐのビザンチンのジュエリーについて…6世紀に流行した「ヒヤシンス」と呼ばれたコンセプトのイヤリングには、サファイアとそれを取り巻く天然真珠を金を使って仕立て
宝石,ルビー,ミャンマー,天然無処理,非加熱の画像

ムガール帝国シャー皇帝を満足させる宝石ルビー

ムガール帝国の最盛期に君臨したシャー国王とその息子がルビーを手にして愛でている姿を描いた絵画。ムガール帝国といえばエメラルドが大切にされたイメージがあるが、実際には、国王が大切にした宝石はルビー
アメリカのビザンチンの精巧なジュエリーの画像

透かし彫り細工の精巧さと「Opus interrasile」

ニューヨークのセントラルパークにあるメトロポリタン美術館(THE MET)。今と違って一つひとつの宝石ジュエリーにこめられた人の想いもエネルギーもそして時間も違ったと…そこで展示されているOpu