サザビーズで落札されたモリスルビー

かなり近いところまでやってきたのかも…サザビーズNY

昨年の12月も米国のNY出張だった。

モリスルビーがSotheby’s(英国の高級美術品のオークション)で出品されたので、

その模様を見に来たのを思い出す。

お陰様で、予想落札価格の3倍以上の値(モリスルビーが1400万を超えた)がついて落札され、オークションの帰り道、走りたくなった…

約20年前に無謀にも「ミャンマーの鉱山へ行ってルビーを掘って…銀座にルビー専門店を作って、将来は、NYのサザビーズで落札されるブランドをつくる」

と言ってしまった時のことを思い出す。

その当時は、ミャンマーにも行ったことも無かったので、周囲の人は心配しただろう。

でも自分で鉱山で掘ってみないと、本当にルビーが「お宝」かどうか…そして、サザビーズで売れないと「お宝」かどうか分からないと思った。

まだまだ、ブランドの構築がこれからだが、今日のオークションの帰り道は、かなり近いところまで来たような気がした。

写真は、今日のサザビーズの模様で… 欧米ブランドのルビーのブレスレッド

 

 

 

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい