非加熱ルビー 天然無処理で美しいミャンマー産ルビー

ピジョンブラッドメイン画像14jlsfgh

ナポレオンが最後まで大切にした赤い石 オデム

ルビー色(赤色)は、お守りに最も多く使われる。フランスの英雄、ナポレオンが一生涯、肌身離さず大切にしたのも「オデム」と呼んだ赤い宝石です。八角形の印章(インタリオ)だったそうだが、素材は、カーネリアン(紅玉随)、Si シリカの鉱物。宝石学が発達する前の時代、赤い宝石はルビーだと信じられていた。(赤い宝石で最も丈夫なのが今のルビー)ルビーが採掘されない欧州では、古くから珍重されてきた。さて、この「オデム」という赤色の宝石は、聖書にも登場するが、ヘブライ語でアードムと発音するそう。このドムというのが、ヘブライ語で「血」を意味し、アダムの語源。(今でも、ラテン語では、adamusは、赤い土で作られた…という意味)…その後、地位を失ってセントヘレナ島へ島流しにされたナポレオンが最後まで大切に身に着けていたのが、エジプトで見つかったといわれる、このオデムでした。

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

私たちと同じようにルビーにも個性があります。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があります。相性がいいルビーをみつけるポイントをご紹介します。
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。