非加熱ルビー 天然無処理で美しいミャンマー産ルビー

ナポレオンが最後まで大切にした赤い石 オデム

ルビー色(赤色)は、お守りに最も多く使われる。フランスの英雄、ナポレオンが一生涯、肌身離さず

大切にしたのも「オデム」と呼んだ赤い宝石。
八角形の印章(インタリオ)だったそうだが、素材は、カーネリアン(紅玉随)、Si シリカの鉱物。
宝石学が発達する前の時代、赤い宝石はルビーだと信じられていた。(赤い宝石で最も丈夫なのが今のルビー)
ルビーが採掘されない欧州では、古くから珍重されてきた。さて、この「オデム」という赤色の宝石は、聖書にも
登場するが、ヘブライ語でアードムと発音するそう。このドムというのが、ヘブライ語で「血」を意味し、アダムの語源。
(今でも、ラテン語では、adamusは、赤い土で作られた…という意味)
…その後、地位を失ってセントヘレナ島へ島流しにされたナポレオンが最後まで大切に身に着けていたのが、
エジプトで見つかったといわれる、このオデムだった。

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい