ビザンチンが栄えた時期のジュエリーの細かいつくり

ビザンチンが栄えた時期のジュエリーの細かいつくり

メトロポリタン美術館のジュエリーについて…今日は、ビザンチンの十字架のペンダント。

東ローマともいわれコンスタンティノープルに首都があったビザンツ帝国。

西暦330年から始まったビザンチンは、キリスト教化されたギリシャだともいわれるが、

それを象徴的するような十字架のモチーフのペンダントトップ。

拡大して撮影したが、実物は3~4センチほどの小さなもので、十字架のモチーフに細かい透かしと粒金が施されている。

近くで見てその細かい作りに驚くばかり。

解説の「Opus Interrasile」とは「透かし彫りの細工の作品」という意味。

内容は、Mets解説書より引用

 

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい