ビザンチンが栄えた時期のジュエリーの細かいつくり

ビザンチンが栄えた時期のジュエリーの細かいつくり

メトロポリタン美術館のジュエリーについて…今日は、ビザンチンの十字架のペンダント。

東ローマともいわれコンスタンティノープルに首都があったビザンツ帝国。

西暦330年から始まったビザンチンは、キリスト教化されたギリシャだともいわれるが、

それを象徴的するような十字架のモチーフのペンダントトップ。

拡大して撮影したが、実物は3~4センチほどの小さなもので、十字架のモチーフに細かい透かしと粒金が施されている。

近くで見てその細かい作りに驚くばかり。

解説の「Opus Interrasile」とは「透かし彫りの細工の作品」という意味。

内容は、Mets解説書より引用

 

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

私たちと同じようにルビーにも個性があります。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があります。相性がいいルビーをみつけるポイントをご紹介します。
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。