宝石,ルビー,ミャンマー,天然無処理,非加熱

ムガール帝国シャー皇帝を満足させる宝石ルビー

ムガール帝国の最盛期に君臨したシャー国王とその息子がルビーを手にして

愛でている姿を描いた絵画。

ムガール帝国といえばエメラルドが大切にされたイメージがあるが、

実際には、国王が大切にした宝石はルビーであった。

この時代は、レッドスピネルもルビーと同じように認識されていたようだが、

インドでは、2000年前からルビーを頂点に、2番目がスピネル、3番目がガーネット

と宝石の種類を見分けていた形跡がある。宝石文化では欧州も憧れる先進国だった。

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

私たちと同じようにルビーにも個性があります。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があります。相性がいいルビーをみつけるポイントをご紹介します。
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。