モゴック鉱山へ

flow2

モゴック鉱山へ

ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーは、太古より宝石の頂点にありました。

最も価値の高い宝石であったが故に、1800年代から人工合成の技術が研究され1983年には、

フランスのヴェルヌイ博士により人工合成に成功しました。

そして、1908年にフランスとのルビーとして全世界で販売されました。

日本にもたくさんの人工合成ルビーが「ルビー」として輸入されたため、3世代前の日本では、

ルビーといえば、この人工合成石が最もポピュラーだったため、今ではルビーは普通の宝石になりました。

宝石の定義は…美しく、そして「希少」」で経年変化のないモノです。

人の手によって数が増やすことのできる人工合成石は、100年経った今は数が増えすぎて、

「宝石」としての価値は無くなってしまったのは、とても残念です。

「私たち自身が欲しい宝石ルビーとはなにか?」と始まったモリスは、「現場」にこだわって、

自分たちが「宝石」として持っていたい「希少」なルビーをお届けしたいと思います。