ミャンマーモゴック鉱山へ

ピジョンブラッドメイン画像14jlsdfg

モゴック鉱山へ

「私たち自身が欲しい宝石ルビーとはなにか?」と始まったモリス

ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーは、太古より宝石の頂点にありました。最も価値の高い宝石であったが故に、1800年代から人工合成の技術が研究され1983年には、フランスのヴェルヌイ博士により人工合成に成功しました。そして、1908年にフランスとのルビーとして全世界で販売されました。日本にもたくさんの人工合成ルビーが「ルビー」として輸入されたため、3世代前の日本では、ルビーといえば、この人工合成石が最もポピュラーだったため、今ではルビーは普通の宝石になりました。宝石の定義は…美しく、そして「希少」」で経年変化のないモノです。人の手によって数が増やすことのできる人工合成石は、100年経った今は数が増えすぎて、「宝石」としての価値は無くなってしまったのは、とても残念です。「私たち自身が欲しい宝石ルビーとはなにか?」と始まったモリスは、「現場」にこだわって、自分たちが「宝石」として持っていたい「希少」なルビーをお届けしたいと思います。

 

Ruby collection

毎日一石ずつルビーをご紹介しています。ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

Shop News

世界が認めたモリスルビー

世界が認めたモリスルビーの画像

世界が認めたモリスルビー

2017年12月5日ニューヨークで開催されたオークション「Sotheby’s」にモリスルビーが出品されました。目標金額の通りのLOT SOLD(落札価格)125,000USD(1400万円)で落札され

3月8日-14日京都三条本店・モリス銀座店μお披露目の会

3月8日-14日京都三条本店・モリス銀座店μお披露目の会の画像

3月8日-14日京都三条本店・モリス銀座店μお披露目の会

μ(ミュー)とは?ピンキッシュなルビーをメインに扱う、ニューブランドが誕生しました。モリスのコンセプトはそのままにひとつひとつの魅力的な宝石との出会いをお楽しください。直径2.5㎜の大きさのルビー

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

私たちと同じようにルビーにも個性があります。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があります。相性がいいルビーをみつけるポイントをご紹介します。
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。