モリスミャンマーの研磨工房で活躍する職人

ピジョンブラッドメイン画像14jlll

モリスミャンマーの研磨工房で活躍する職人

モリスルビー研磨工房職人

ミャンマーのヤンゴンにあるモリスルビー研磨工房でもう10年以上、工房のリーダーを続けてくれているゾーミンチョー。1㎜のルビーでも手を抜くことなく毎日作業する姿勢に感服するばかりです。「ルビーの研磨は、私の人生そのものです。自分が磨いてルビーが輝いてくる姿が生きがい」と言ってくれます。同じ研磨作業でも、そう感じながらルビーに触れてもらう職人と、「仕事だから」と割り切って作業する職人と同じように仕上がっても私は、違うものを感じる。自分自身が持つ宝石だったら、どういう職人に研磨してほしいか?目には見えなくても、私たちは、そういう部分を大切にしたいです。

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

私たちと同じようにルビーにも個性があります。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があります。相性がいいルビーをみつけるポイントをご紹介します。
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。