ルビーは天然無処理で美しいミャンマー産であることを保証して貰うと安心

ルビーは、天然無処理で美しいミャンマー産であることを保証して貰えれば安心

ルビー,内放物,顕微鏡

ルビーの内包物を顕微鏡で確認


希少性の高いミャンマー産天然無処理ルビー


とても希少性の高いミャンマー産のルビーは、とても少なく、現地に会社があって、パートナーと共に鉱区を採掘している弊社モリスでさえ、銀座サロンに1ctを超えるGemクオリティの美しいルビーは、数個あれば良い方。
ルビーが、最も高額な宝石なのは、その極端に高い希少性と最も長い歴史。120年も前から人工合成ルビーが販売されたのも50年前から人為的に加熱処理をして数を増やしてきたのも、需要が高いのに供給ができなったため。ただ、耐久性の高いルビーは、例え合成石であっても経年変化しない。100年もすれば、そこら中に安いルビーだらけになって、価値が下がってしまう。だから、希少性の高い、天然無処理で美しいミャンマー産ルビーと、その他のルビーをしっかりと見分ける必要がある。


同じに見えても違うもの。手放すときは100倍の値段差になる、ルビーと呼ばれる赤い石達


 

ルビーが、処理技術の発達により、誰もが手軽に、楽しめるようになったのは、
素晴らしいことだが、天然無処理で美しいミャンマー産ルビーと、それ以外のルビーとは、違うモノとして認識して価値判断した方が良い。理由は、買うときの値段はあまり変わらないが、手放すときは、100倍ぐらいの値段差になる。家宝として受け継いだりされる方にとっては、とても大切。これから、ルビーをお求めになられる方は、処理の有無についてしっかりと説明をして貰い、無処理だという場合は、その旨を書類に書いて保証して貰えるようにリクエスト。鑑別業者の発行する「鑑別書」には、「加熱した痕跡が認められない」と主観的な意見が書かれているだけで非加熱とも無処理とも書かれていないことに注意した方が良い。「鑑別書に非加熱と書いてある…」という人は、間違っているので気を付けて。写真は、加熱処理をしたルビーのインクルージョンと加熱処理をする前の写真。このインクルージョンが見えたとしたら、ほぼ100%加熱処理されているので注意を。よくシルクインクルージョンが見えるから無処理です、と解説する人がいますが、間違いです。

宝物ルビーをお探しの方はミャンマー産天然無処理ルビー専門店へ【私のルビー】を探しにいらしてください



ルビー、インクルージョン

ルビーのインクルージョンを詳しく見る▷


もっと詳しく知りたい方はこちらから▷

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 天然無処理で美しい事を確認して欲しい

モリスは、太古より宝石として高い価値を維持しているミャンマー産の天然無処理で美しいルビーをお届けする会社。スタートして、もうすぐ21年になるが、原石は、どんどん値上がりしている。創業当時の市場流通
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いていない
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき