ルビーを手放すときは、ルビーの専門家として適切なアドバイスができるモリス

ルビーを手放すときは、どうすれば良いのか?

手放すときに値段がつくルビーとつかないルビーの違いとは?

ルビー,ミャンマー,

ミャンマー産天然無処理ルビー

「これは非加熱ルビーだから、大切に受け継いでね」

家族から受け継いだ宝石を売ったらどのくらいの価値になるか? … と買ったところに持って行ったら…

値段が付かないということが良くあるようだ。

これには、理由が二つある。一つは、持ち込んだ先のお店、質屋さんが、その宝石の品質が見分けられていないから、値段が分からない…ということ。

もう一つは、もともと資産性の無い宝石だったということ。
宝石を買うときは、プロの宝石商に、宝石の価値について説明して貰い、自分が買う宝石にどんな価値があって、
将来、手放す時に、どういう評価を受けるか?の予想も聞いておくべき。

ルビーを手放されたいときはモリスにお見せください

ルビーを手放されたい時は、是非、お見せ下さい。ルビーの専門家としてのアドバイスができるかも知れません。
宝石は、美しく、希少で、経年変化がないものであり、そして、その価値は、需要と供給のバランスできまる。
モリスは、ルビー専門なので、ルビーであれば、その場で私たちが、買わせていただきたい値段は提示できるでしょう。
なぜその値段なのか? 説明も一緒にできるはず。
ただ、モリスが宝石として評価しているのは、ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーなので、それ以外のモノは
拝見してアドバイスを差し上げるだけになりますが。


宝石をお持ち込みされる際は事前にご来店ご予約をお願いしております。

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい