モリスのシンギュラリティカットを磨く職人さんは語る

ルビーを磨き続けるモリスの職人

 

モリスルビーを研磨し続けるモリスの職人。写真のゾーミンチョーさんは、もう12年ぐらいずっと

毎日ルビーの原石と磨き続けてくれる。ゾーミンチョーさんの部下であるミンゾーさんは、もう15年間

続けてくれている。

1秒から3秒ぐらいの感覚で、磨いた面をルーペで確認する。隣で見ていても気の遠くなる仕事。

「何が仕事を続けるモチベーションになっていますか?」と尋ねてみたら、

「私たちが研磨したルビーを誰かが…美しい!と感じてくれていることです」

「私たちは、ルビーをカット研磨することが好きですし、毎日、どうすればもっと美しくなるか…考えている。

特にモリスのシンギュラリティカット(既成の形にとらわれずに原石の形を活かしたカット)は、自分たち

がルビーの原石と向き合いながら芸術作品を創っているいるような気持になる…」

そして「でも、原石と向き合っていると、形は私たちが考えているのではなく、採れた時の形で決まっている

ので、私たちは、その原石の良いところを見つけて磨いているだけですが…」とのこと。

彼らが毎日、黙々と作業を続けてくれなければモリスルビーは生まれない。

趣味は何か?と聞いても「ルビーを磨くことです!」と断言する職人たちを誇りに思うし、尊敬している。

モリスルビーをご覧いただくとき、彼らが磨いた1面1面を感じ、喜んでいただければ…それほど嬉しいことはない。

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい