地球が育んだ生命を感じさせてくれる宝石、ミャンマー産ルビー

地球が育んだ生命を感じさせてくれる宝石、ミャンマー産ルビー

47億年前にガイア(原始の地球)ができ….46億年前に今の軌道に乗り…45.5億年前に惑星テイアと衝突し、月ができてその後、38億年前の始生代に生命が誕生した。5億年前の古生代カンブリア紀に生きた生物のカルシウムが海の底の堆積岩となった。その堆積岩が、9000年前から始まったインドプレートの移動と5000万年前のユーラシア大陸との衝突があり2000万年にミャンマーの地下40kmでルビーが結晶した。私たちに近い、命を持った有機物が一生懸命に生き、奇跡のように結晶したミャンマー産のルビー。その時間の流れ(地球の歴史)をわかりやすく24時間(1日)で表現したら、生命が誕生した始生代が午前4時、カンブリア紀が午後9時30分インドがユーラシアプレートと衝突したのが、午後23時46分、ルビーが結晶したのが、深夜の23時54分。ついてに、人類の祖先ホモサピエンスが火を使ったのが、深夜23時59分57秒…。メソポタミア文明が始まり、楔形文字を使い始めたのは、深夜の23時59分59秒のこと!私たち人間は、この長い地球の歴史からみれば赤ちゃんのようなもの.ミャンマー産ルビーは、母なる地球の育てて貰った生命の記憶。ルビーを見ていると人中心に進んできた技術改革が、まだ「おぎゃ~」と生まれたばかりで、実に長いあいだ、母なる地球の恵みに育まれてきたことをルビーが教えてくれる。

古代ローマのプリニウスは、「ルビーは、内に燃える情熱の炎を宿している」とルビーが特別な宝石だと書き残している。科学技術が発達する前の天才は、その感性でルビーの中に込められているメッセージを感じたのかも知れない。その他、宗教的にも最高の宝石として認識されてきた宝石ルビー…地球の資源の限界を感じた初めての世代。謙虚に、人間中心の考え方から、地球中心の考え方へ…と気付きを起こさせてくれる特別な宝石。

写真は、ルビーインクルージョン(内包物)、液体がルビーの中に取り込まれたもの。結晶したときにの記憶を目の当たりにできる。

(文章の一部は、「宇宙135億年の歴史」より引用)