日本は庶民の宝飾文化では先進国なのかもしれない

大正時代、ルビーの指輪を着ける着物を着た女性の絵画を見て

ヨーロッパでは、一部の限られた貴族などの特権階級がジュエリーをつけたのだが、日本では、その装身具の素材

などから、町民であっても、自分たちの手の届く素材で一生懸命にジュエリーで身を飾って来た。

江戸幕府から、金を使った装飾品(ジュエリー)の禁止令が出たらべっ甲(亀の甲羅)を使って見たり…

あの手この手でジュエリーをつくって身を飾ってきたのが、ヨーロッパのそれとは違うところ。

庶民のジュエリー文化では、日本は、先進国だったのかも知れない。

写真の引用は、千葉市美術館:橋口五葉 温泉宿と名付けられた絵画で、大正9年。

女性はしっかりとルビーの指輪。

大正9年には、着物姿の女性がルビーを着けていたことが分かる。

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい