日本は庶民の宝飾文化では先進国なのかもしれない

大正時代、ルビーの指輪を着ける着物を着た女性の絵画を見て

ヨーロッパでは、一部の限られた貴族などの特権階級がジュエリーをつけたのだが、日本では、その装身具の素材

などから、町民であっても、自分たちの手の届く素材で一生懸命にジュエリーで身を飾って来た。

江戸幕府から、金を使った装飾品(ジュエリー)の禁止令が出たらべっ甲(亀の甲羅)を使って見たり…

あの手この手でジュエリーをつくって身を飾ってきたのが、ヨーロッパのそれとは違うところ。

庶民のジュエリー文化では、日本は、先進国だったのかも知れない。

写真の引用は、千葉市美術館:橋口五葉 温泉宿と名付けられた絵画で、大正9年。

女性はしっかりとルビーの指輪。

大正9年には、着物姿の女性がルビーを着けていたことが分かる。