宝石ルビーには2つの価値がある

o0607108014500070023

宝石ルビーには2つの価値がある

宝石の価値とは

宝石の価値には、1) 使う価値  2)交換する価値があります。
結婚指輪やアニバーサリーのジュエリー、王冠も含めて使うことで価値を見いだすのが、使用価値です。
そして、使わなくなった時など通貨やその他のモノと交換することができるのが交換価値です。
宝石には、この両方の価値があること確認しておきたいポイントです。
宝石を買うときの値段…安いのか?高いのか?を考える前に、どういう品質なのか? を
まずは確認するのが大切です。宝石は、個性であり、同じモノが2つとないことを考えれば、すべての宝石の
値段は一つずつ違うはずです。値段が高い、安いの話の前にどんな宝石か?をしっかり確認
しておきましょう。具体的に誰に確認を頼めばいいのか?
ご自分の宝石コレクションを見て貰えば良いのです。
ルーペと自らの眼で査定し「~」円で譲って貰えますか?
と言ってくれる宝石商なら安心です。モリスは、ルビー専門なので、ルビーであれば、その場でオファーいたします。

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい