宝石ルビーの品質の見分け方

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。

欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したときに環境の違いである。ミャンマー産ルビーは、接触変成岩起源、大陸と大陸がぶつかる境目で起こる環境。その他には、スリランカ等にみられる広域変成岩起源、タイランドやケニアなどのアフリカ産に多い玄武岩起源。ルビーの産地では、大きく分けて、① 玄武岩起源② 非玄武岩起源の二つに分けられる。鑑別業者の発行する分析結果報告書には、そのどちらかで表示されることが多い。要するに、黒っぽい岩の中で結晶したもの玄武岩起源であり、それ以外の環境で結晶したものを非玄武岩起源という。

 

 

それでは、違いをどのように見分けるのか?

一番簡単な方法は、435nmの紫外線ライトを使って、そのルビーが鮮やかな赤色に反応すること。まず最初に、タイランド産(玄武岩起源)に紫外線を照射したときの反応。次に、ミャンマー産(非玄武岩起源)に紫外線を照射した時の反応。このような違いがある。

 

この違いは、ルビーの成分分析をすれば分かることであるが、原産地の違いによってルビーを赤くするクロムと鉄の含有率が違う。蛍光性の高いルビーは、クロムが多く、鉄分の含有率が低い。ミャンマー産に多い。対してタイランド産は、多くの場合、鉄とクロムが同じぐらいの割合で含有されている。紫外線にあたると鮮赤色に反応するのは、クロムに反応しているから。余談になるが、コロンビア産のエメラルドの緑色の着色要因は、ミャンマー産ルビーと同じくクロムであるために、紫外線を照射すると赤く蛍光反応がある。緑色のエメラルドが鮮赤色に反応するので驚く。

さて、宝石ルビーを90年以上研究しているスイスのGUBELIN宝石研究所のダニエル所長いわく、歴史的に価値が高いといわれる有名なルビーは、みな、蛍光反応強かった…とのこと。宝石の産地は、ルビーの価値に大きく影響を与えるので、しっかりと確認しておきたい。

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい
地球が育んだ生命を感じさせてくれる宝石、ミャンマー産ルビーの画像

地球が育んだ生命を感じさせてくれる宝石、ミャンマー産ルビー

地球が生まれてルビーが生まれるまで47億年前にガイア(原始の地球)ができ….46億年前に今の軌道に乗り…45.5億年前に惑星テイアと衝突し、月ができてその後、38億年前の始生代に生命が誕生した。5億年