ルビーの品質の見分け方①

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 

ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について

 

  • 宝石種
  • 原産地
  • 処理の有無
  • 美しさ
  • 色の濃淡
  • 欠点
  • サイズ

同じルビーという名前がついて販売されていても、世の中には、色々な種類のルビーが存在している。同じ大きさで、見た目が同じでも、その種類によって、4万倍の価格差が生じることがある。理由は、伝統的に宝石の王様として扱われてきたルビーは、鉱山で採掘した時の出現率が、宝石と比較して圧倒的に少ないから。だから、宝石の中でも最も「合成石」「模造石」、「処理石」の数も種類が多いため、前述のような価値の差が生じる。だから、ルビーを探すときには、ある程度の予備知識がないと、手放すときや、次の方に受け継ぐ際に「そんなはずではなかった!」ということになる。

モリスは、ルビー専門なので、シリーズで「ルビーの品質の見分け方」を連載していきたい。ここで伝える宝石品質判定の方法は、諏訪恭一氏が長年提唱されており、モリスが創業時に学んだ宝石品質判定の知識(現在は日本クラフト学院で教えている)を基に、原産地ミャンマーの採掘現場、お店での販売、そしてサザビーズなどのオークションでの還流市場での経験をもとに伝えていきたい。

 

 

まずは、① 宝石種を見分けることから始めたい。

ここでは、天然ルビーであることを見分ける。同じ赤いモノであっても、合成石、模造石、類似石があり、その種類を見分ける。ここを間違うと、以後の意味がなくなってしまうので、大切な部分。

合成石とは、天然ルビーと同じ化学組成の結晶を人工的に作るものであり、1883年にはフランスのベルヌイ博士が発明した「ベルヌイ法」が有名。

模造石とは、ガラスやプラスチックなど化学組成は違うものでルビーと見間違えることがある。類似石とは、レッドスピネルやレッドベリル、ガーネット、カーネリアンなどもルビーと見間違えることがあるので注意が必要。化学的に分析できなかった時代には、スピネルやガーネット等もルビーとして認識されていたこともある。いわゆるよく似た石。今では、簡単な機器があれば見分けることが可能になっている。

皆さんが普段目にする「鑑別書」には、鉱物名:コランダム、宝石名:ルビーと書いてあると思うが、この宝石種を見分けているということ。

ミャンマー産 ルビー モゴック 天然無処理 ジュエリークオリティ 宝石

ミャンマー産ルビー モゴック鉱山 天然無処理

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
地球が育んだ生命を感じさせてくれる宝石、ミャンマー産ルビーの画像

地球が育んだ生命を感じさせてくれる宝石、ミャンマー産ルビー

地球が生まれてルビーが生まれるまで47億年前にガイア(原始の地球)ができ….46億年前に今の軌道に乗り…45.5億年前に惑星テイアと衝突し、月ができてその後、38億年前の始生代に生命が誕生した。5億年