宝石ルビーを大切にするということは...

4

宝石ルビーを大切にするということは…

そのルビーの持ち主が、どう生きたか?続く世代に伝えること

この写真はブルーサファイアが産出されるミャンマーのモゴック鉱山のある鉱区です。環境破壊が問題になり法律が改正され、重機を使った採掘が禁止されたため、閉山することになった友人の鉱山主。それでも彼は、何か明るい表情でした。「環境が悪化していくのは忍びないので、植林を続けてきたが…これで、良いのだよ」とのことで。ミャンマーに来て以来、長く付き合ってきて、採掘後の姿を憂いてきたがので、何とも嬉しい気持ちになりました。宝石ルビーを持って大切にすることは、そのルビーの持ち主が、どう生きたか?続く世代に伝えることと同じです。モリスは、美しいルビーは、見た目だけでなく、お届けするまでのプロセスも美しくなくてはならない…今日も進んでいこうと思います。

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

私たちと同じようにルビーにも個性があります。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があります。相性がいいルビーをみつけるポイントをご紹介します。
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。