ミャンマー産ルビー 天然無処理 シンギュラリティカット モリスルビー

原石3

数千万年に結晶した時の地肌を残したモリスルビーを使ったジュエリー

原石の魅力的な形は「自然の造形美」

人間の価値観で決まった形にカット研磨するのが、これまでの宝石の形。モリスは、原石の魅力的な形は「自然の造形美」だと思っています。

これまで、と「これから」のターニングポイントという意味をこめて、モリスでは「シンギュラリティカット」と呼んでいます。少しイビツな原石…しかし、原石の地肌には、2000万年前にユーラシア大陸とインド大陸が衝突した時の圧力で結晶したミャンマー産ルビー独特の特徴が残っている。人間の都合で作ったモノではない自然の証。どうしても残したかった。モリスのミヨテ、職人のゾーミンチョー、ミンゾーと4人で議論してできたルビーです。そして、その気持ちをモリス銀座店の梅澤店長が感じて、某アーティストに鳥のくちばしにしてほしい…と依頼してくれた。「ハシビロコウ」× モリスルビーができた時には、涙が出そうになりました。つくってくれたアーティストは、原石と話すことができる数少ない方… 宝石業界の重鎮、諏訪恭一先生の娘さんである「カイエ」の主宰であるYUKOさん。こうやって、気持ちが伝わってできてくるジュエリーには、生命が宿ると思う。

 

 

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

私たちと同じようにルビーにも個性があります。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があります。相性がいいルビーをみつけるポイントをご紹介します。
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。