相性の良い宝石ルビーの選び方とは?

6

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

目まぐるしくライフスタイルが変わっていく中でも変わらない物があります。それは自分の“好き”と思える感性です。わかりやすいトレンドや誰かの目線にながされず“好き”と“自分らしさ”を大切にされる方へ、“好き”に正直に、“自分らしさ”がもっと高まる!宝石ルビーの選び方をご紹介します。

ルビーも人も、すべてが、個性であり、同じものはない

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはありません。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いていません。相性がいいルビーを見分けるポイントは、「好きかどうか?」で選ぶことです「品質判定できる宝石商」に専門的な話の前に、手の甲、中指と薬指の間にルビーをのせた感じで好きなものを選ぶ。好きかどうか?と見る時に、それまでに得た情報は、すべて忘れることが大切です。

ピジョンブラッドがどうのこうの、色の濃さがどうのこうの、と考えて見ていくと、好きかどうか???ドンドン分からなくなってしまう方が多くいらっしゃいます。

はじめに、好き嫌いで判断してみる

まずは、好き嫌いで判断してみること。その後に、品質についてプロの宝石商に説明を受ける その時に、ルーペなどを出してきて、「品質=宝石種、原産地、処理の有無、美しさ、色の濃淡、欠点、サイズ」の話について、そのルビーを見ながら説明できると信頼できるプロです。品質判定ができる人は、なぜその値段なのか?を説明してくれるはずです。そして、説明をしてくれる人が、そのルビーの品質判定ができるかどうか?は、インクルージョンの話をしっかりとしてくれるか?で分かります。さて、好きなルビーかどうか?を感じる時のコツのもう一つは、気になったルビーがあったら、手の甲にのせて自分が心地いいと感じる場面でそのルビーを着けていることを想像してみよう。着けている姿がウキウキとした気持ちになっている姿がハッキリ見えたら、それが「相性の良いルビー」です。

 

見えなかったら…そのルビーを選ばなければいい

間違っても、3つか4つルビーを並べて、どれが良いか? という選ぶ方がいらっしゃるが、間違いのもとになります。モリスは、ルビー専門店なので、ルビーだけを比べることができるが、それでも比べるのは一番最後に確認するため、納得するために比べるぐらいにしていただいてます。欧米のブランドが上手いのは、「私たちの宝石は私たちが選んでいるから間違いない」というイメージを多額の広告料を使って浸透させて「相性がいいかどうか?」は選ばせないところにあります。天然無処理で美しいルビーで相性の良いモノは、たとえ数万円でも一生共にするかも知れないのです。上述の通り、人の出会いと似て「なぜか好きになった」ルビーを選ぶのが一番安心なルビーの選び方です。

 

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方①宝石種

ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されていても、気をつけて同じルビーという名前が