アメリカのビザンチンの精巧なジュエリー

透かし彫り細工の精巧さと「Opus interrasile」

ニューヨークのセントラルパークにあるメトロポリタン美術館(THE MET)。

今と違って一つひとつの宝石ジュエリーにこめられた人の想いもエネルギーもそして時間も

違ったと…

そこで展示されているOpus- interrasile(ビザンチンで多く使われる技法)のジュエリーを

近くで見ると、そう感じる。その透かし彫りの細かさには驚くばかり。

そして、この時代にルビーとして使われていた宝石が、スピネル、ガーネット、カーネリアン

などの赤い宝石がルビーのように使われていた。まだ宝石学が発達する前の時代。

 

 

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

私たちと同じようにルビーにも個性があります。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があります。相性がいいルビーをみつけるポイントをご紹介します。
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。