非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 天然無処理で美しい事を確認して欲しい

モリスは、太古より宝石として高い価値を維持しているミャンマー産の天然無処理で美しいルビーをお届けする会社。
スタートして、もうすぐ21年になるが、原石は、どんどん値上がりしている。
創業当時の市場流通価格と今の価格は、5倍近くになっている。原産地の感覚では、それどころではない。
デフレの時代も着々と取引価格は上昇し続けた。
だから、購入しようという方も増えたが、残念なのは、購入動機が、家宝としての宝石を探しているのではなく、値段が高騰しているから購入されること。
要するに、投資対象。
家宝として受け継いでゆく宝石ルビーの存在価値とは、かけ離れたところで需要が高まっている現状に、少し複雑な気持ちもあるが、元々、宝石が持っていた絶対的価値が、ルビーの需要の高まりと共に復活して、いくのも良しとしなければならない。商業的に売ることだけを目的にしたアクセサリーと差別化されてきたことは、歓迎しなくては…。
ただ、気を付けておきたいのは、非加熱ルビーという商品名で、本当はどうか分からないが、鑑別業者の発行する書類に「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと。痕跡が認められないだけ…誰も無処理だとは断言していないことに注意が必要だ。
鑑別技術は、時間と共に発達する。いま現在、そう書かれていても、いつ分析結果変わるか?分からない。それが現状。万が一の時のために、購入する前にインクルージョンを見ながら説明を受けて 、品質保証書をお店に発行してもらうのがベスト。非加熱ルビーだから価値が高いのではない。天然無処理で美しいミャンマー産ルビーだから価値が高いことを覚えておいて欲しい。

関連記事

相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いていない
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい