メトロポリタンミュージアムに展示されているルビーブローチ

メトロポリタンミュージアムに展示されているルビーブローチ

18世紀19世紀にはまだ数があった希少性のあるルビー

 

18世紀から19世紀にかけて、ムガール帝国時代に1847年創業の(フランス、パリ)カルティエによって1920年代終わりから30年代にかけて、つくられたブローチ。

金の枠にルビー/エメラルド/無色のサファイアがセットされていたが、後に、ダイヤモンド、真珠、オニキスが加えられた。(1941年ジョージ.ブルメンソル氏寄贈)

メトロポリタン美術館に展示されているブローチだが、その時代だとまだルビーを複数個使って色を合わせることが容易だったのだろう。

 

 

 

アンティークジュエリー,ルビー,ブローチ,ルビージュエリー

銀座、京都にお探しのミャンマー産天然無処理ルビーがあります。詳しくはこちらから▷