メトロポリタンミュージアムに展示されているルビーブローチ

ピジョンブラッドメイン画像14

メトロポリタンミュージアムに展示されているルビーブローチ

18世紀19世紀にはまだ数があった希少性のあるルビー

18世紀から19世紀にかけて、ムガール帝国時代に1847年創業の(フランス、パリ)カルティエによって1920年代終わりから30年代にかけて、つくられたブローチです。

金の枠にルビー/エメラルド/無色のサファイアがセットされていたが、後に、ダイヤモンド、真珠、オニキスが加えられた。(1941年ジョージ.ブルメンソル氏寄贈)

メトロポリタン美術館に展示されているブローチだが、その時代だとまだルビーを複数個使って色を合わせることが容易だったのだろう。

 

 

ルビーのお問合せはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

ルビーには個性があり、一つ一つの魅力があります。相性の良いルビーを見つけてください。

関連記事

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は?の画像

非加熱ルビーと呼ばれる根拠は? 

やってはいけない「加熱された痕跡が認められない」とコメントがあるから、処理をしていない天然モノだと勘違いして購入してしまうこと…
相性の良い宝石ルビーの選び方とは?の画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ方法

私たちと同じようにルビーにも個性があります。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があります。相性がいいルビーをみつけるポイントをご紹介します。
知ってると得する、宝石ルビーの品質の見分け方とは?の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

経験値の高い方はもう気づいているはず。価値のある宝石ルビーとそうではないルビーが存在することを。いい宝石ルビーに出会うためにルビーのプロのモリスが全力でサポートします。