メトロポリタンミュージアムに展示されているルビーブローチ

メトロポリタンミュージアムに展示されているルビーブローチ

18世紀19世紀にはまだ数があった希少性のあるルビー

 

18世紀から19世紀にかけて、ムガール帝国時代に1847年創業の(フランス、パリ)カルティエによって1920年代終わりから30年代にかけて、つくられたブローチ。

金の枠にルビー/エメラルド/無色のサファイアがセットされていたが、後に、ダイヤモンド、真珠、オニキスが加えられた。(1941年ジョージ.ブルメンソル氏寄贈)

メトロポリタン美術館に展示されているブローチだが、その時代だとまだルビーを複数個使って色を合わせることが容易だったのだろう。

 

 

 

アンティークジュエリー,ルビー,ブローチ,ルビージュエリー

銀座、京都にお探しのミャンマー産天然無処理ルビーがあります。詳しくはこちらから▷

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい