モリスがルビーの品質を見分けられるのは…

モリスがルビーの品質を見分けられるのは…

天然無処理で美しいミャンマー産のルビーが専門のモリスルビー。
どうやって天然無処理か、人為的に処理をして美しさを改良しているかを
見分けられる様になったのか?
日本の宝石商としては初めて、外部委託ではなく、自社社員が鉱山に駐在し
採掘の現場に入いりました。
そして、天然無処理で美しい原石が極端に少ない、品質ごとに見ていくと
資産性の高いジェムクオリティは、ほぼ採掘されないことが分かりました。
自社で加熱処理の実験を行い、宝石学会で加熱前後のルビーのインクルージョン
(内包物)の熱変化を顕微鏡写真を撮影し、発表しました。
自社でやって分かったことは、現地に駐在しルビーの研究を続ける宝石商、
鑑別業者は居ないということ。ルビーの研究は、消費国のサンプル、もしくは
中間業者の用意するサンプルで研究が続けられていました。
現地で採掘から研磨、インクルージョンの研究までをモリスで一貫してやって
良かったのは、かなり高い精度で、処理の有無、原産地がルーペで見分けられる
様になったことです。
今後は、そのノウハウをこのブログで紹介していきたいと思います。
処理の有無によって、手放す時の売値に100倍の差が出ますので、気をつけたい
ポイントです。

関連記事

相性の良い宝石ルビーを選ぶの画像

相性の良い宝石ルビーを選ぶ

私たち人には個性があり、同じ人は、2人と居ない。それはルビーも同じで、すべてが、個性であり、同じものはない。個性が2つ以上あれば、そこには必ず相性があり、相性については、品質や鑑別書には書いてい
宝石ルビーの品質の見分け方の画像

宝石ルビーの品質の見分け方②原産地

ルビーは「原産地」、産出した場所が重要な意味を持つ宝石。欧米の高級美術品のオークションSotheby’sなどでも、ミャンマー産(ビルマ)とその他の産地では落札価格が大きく違う。その理由は、結晶したとき
ルビーの品質の見分け方①の画像

宝石ルビーの品質の見分け方 ①宝石種

宝石品質判定 ルビー 宝石種 ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーの品質の見分け方について 宝石種原産地処理の有無美しさ色の濃淡欠点サイズ同じルビーという名前がついて販売されてい