モリスルビー18AT0024

澤田様ルース2

モリスルビー17DRM001

17DRM001

カラット6.00ct以上
Origin(産地)Myanmar
Quality(品質)Gem Quualty
Size(サイズ)9.0/9.0/6.0
個人蔵

2022年1月1日、新年あけましておめでとうございます。                                                                                                              
モリスがお届けしたルビーの中で、最高品質の天然無処理で美しいミャンマー産ルビーです。ミャンマー中部のモゴック鉱山で発掘された宝石ルビーを代表するピジョンブラッドのルビーです。おめでたいお正月の今日のルビーに個人蔵のモリスルビーをお借りして撮影させていただきました。青味をまったく感じさせない真っ赤な色調と高い透明度は、まさに人類の宝物といえます。モリスが20年以上ミャンマーで宝探しをして見てきた中で、最高のルビーです。顕微鏡を使ってその内側を覗くと、カルシウムの結晶と思われるインクルージョンとルチルの針状結晶(通称シルクインクルージョン)が確認でき、接触変成岩に抱かれて結晶したことが一目瞭然です。宝石品質判定のクオリティスケール上では、美しさ「S」輝きがあり特に美しいもの、色の濃淡は「#6~#5.5」の文句なしのジェムクオリティです。大きさは、縦10㎜弱/横9㎜以上/深さ6㎜以上、重さは6ct 以上です。純色に近い赤色、高い彩度、高い透明度、そして365nmの紫外線長波光に鮮やかに燃える石炭のように輝きます。そして破損の原因になるようなフラクチャーも皆無だということ、今のところ私が見たルビーの中で最もレベルの高いルビーです。大きさだけであれば27ctもある「サンライズルビー」も手に取って拝見したことがありますが、結晶の質という面では、それを遥かに凌いでいます。究極の希少性…人間で例えるならオリンピックの100m走で軽々と優勝してしまう「ウサイン.ボルト選手」のような存在です。そしてこのルビーは、これから長く受け継がれ、そのピジョンブラッドの光を放ち続け歴史を創っていくでしょう。そして、特筆すべき点は、このルビーの潜在力はまだまだ高く、更に美しくする余地がたくさん残っているということです。テーブル面からは見えないキューレット側にカルシウムと思われる結晶インクルージョンが美しさを邪魔するところに内包されていますが、敢えて残しています。リカット(再研磨)する余地があるということです。更に高いレベルの美しさを発揮するポテンシャルを持ち、そしてそれを残したまま、圧倒する美しさを発揮するところも、身体に問題がありながら、世界記録を更新し続けたボルト選手に通ずる部分があります。撮影させていただきましたコレクター様に、深く感謝を申し上げ、2022年の正月の今日のルビーは、最高のピジョンブラッドでスタートしたいと思います。

ルビーの内包物

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

関連記事

モリスルビー19JE0006の画像

モリスルビー19JE0006

驚くほど高い透明度と本格的なルビーの色調と標準的なオーバル型のミックスドカット、理想的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビー