モリスルビー19AL0068

19AL0068-1

モリスルビー19AL0068【SOLD】

19AL0068

カラット0.54ct
Origin(産地)Myanmar
Quality(品質)Jewelry Quualty
Size(サイズ)5.2/4.7/2.4

19AL00678

19AL00678

クッション型のミックスドカットに磨かれたミャンマー産の天然無処理で美しいルビーです。高い透明度と若干の紫味を感じさせながらも、手の上にのせてルビーを動かすと結晶の奥からキラキラとミャンマー産ルビーらしい赤色を発する魅力的な一石です。宝石品質判定のクオリティスケール上では、美しさが「B」美しいもの、そして色の濃淡が「#4」のジュエリークオリティです。貴重な結晶の生地をなるべく大きく残そうとしたため、写真左側のキューレット部分に生地不足であったところもそのままにしてあります。ジュエリーとして装着した時には、気にならない場所であること、また破損の原因になるものではありませんが、前もってお分かりいただいていた方が良いと思います。見た目の大きさを優先しましたので、大きさが縦5.2㎜/横4.7㎜/深さ2.4㎜と重さが0.54ctであることを考えると存在感のある大きさに仕上がりました。この結晶をリカット(再研磨)して結晶のキレイなところだけを使って0.3ct台、直径4㎜ぐらいのラウンドブリリアントカットにすればパーフェクトな形、そして透明度のルビーになると思いますが、それは今やらなくても100年後でも良いのではないかとモリスは考えます。伝統的にミャンマー産のルビーは、産出が、終わりつつあります。「人の知恵はルビーにも勝る…」(出エジプト記)など、旧約聖書に登場するなど、古くから最高の宝石として重宝されてきましたが、そこで登場する「嵐の中、燃える石炭のように輝いた石」は間違いなくミャンマーや今は、自然が枯渇したアフガニスタン、タジキスタン産などの接触変成岩起源のルビーでしょう。要するに真っ白い大理石を母岩として結晶するルビーです。他の産地でも少しは蛍光するモノはありますが、ミャンマー産のそれとは比べ物になりません。やはり、太古に海の中に生きた生命と、インドが南極を離れて約1億年も北上して、海の底に堆積したカルシウムを北に移動させたこと、そして、エベレスト山を産んだほどの衝突のエネルギーがあってはじめて結晶したミャンマー産ルビーは特別です。

ルビーの内包物

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

19AL0068

関連記事

モリスルビー18AT0244の画像

モリスルビー18AT0244

ミャンマー最北部カチン州のルビー鉱山ナヤンで発掘された天然無処理で美しい原石をモリスシンギュラリティカットで結晶の生地を大切に残しながら磨きました。サイズは、縦3.2㎜/横3.0㎜/深さ2.1㎜と良い
モリスルビー21MRM003の画像

モリスルビー20MRM003

透明感のある結晶に、ほんの少し紫味が強い色調と高い彩度が特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ピンキッシュルビーです。呼称については、鑑別する業者では、ピンクサフ
モリスルビー21MRM004の画像

モリスルビー21MRM004

フェイスアップで見た時に、細かいモザイク模様のキラキラとした輝きが、奥の方から湧き上がってきて、見ているうちに結晶に吸い込まれそうな気がする不思議な魅力を持った天然無処理で美しいミャンマー産ルビーです