モリスルビー

ルビールース

モリスルビー19JE0002【SOLD】

モリスルビー19JE0002

カラット0.22ct
Origin(産地)Myanmar
Quality(品質)Jewelry Quualty
Size(サイズ)3.8/3.8/1.7
ルビールース

モリスルビー19JE0002 0.22ct Myanmar Jewelry

ルビーサイズ

ルビーサイズ 3.8/3.8/1.7

ルビーの特徴

ほんの少し紫味を感じさせる赤色の色調とまん丸い形が特徴的なルビーは、元々、ラウンド型(丸い形)に適したまん丸い原石を磨きました。

ウィンドウ(テーブル下部に結晶の内側からキラキラとして湧き上がってくるモザイク模様が弱い状態)ができているのは、このルビーに深さが足りないこと、キューレット(ルビーの下半分の尖った部分)に向かったバックファセットの角度が不足するからです。深さが足りないという部分は、直径を3㎜まで落として再研磨すれば、深さ1.7㎜のバランスを取ることで解消されます。ウィンドウが無くなり、驚くほどの輝きを結晶の奥から放ってくれるでしょう。

このルビーの品質判定のクオリティスケールは

美しさ「A」輝きがあり美しいもの、色の濃淡「#4」のジュエリークオリティ、そして大きさは、縦3.8㎜/横3.8㎜/深さ1.7㎜と見た目はサイズ以上に大きな印象を与えるルビーですが、キューレット側のバックファセット(宝石下部、尖った部分へつながる切子面)にステップが3段階ついており、一番最後のキューレットにつながる部分の角度が浅すぎることにより、ウィンドウができています。このウィンドウを解消するには、直径を3㎜に絞った上に、ガードル(フェイスアップで見た際の外郭)からキューレットまでまっすぐにつなげた形、要するにラウンドブリリアントカットにすることで解消しますが、はたしてその必要はあるのでしょうか?

理想を追い求めて、再研磨を繰り返すと、気が付くと、とても小さくなってしまいます、一度削り落とした結晶の生地は、二度と戻ってこないのです。

私が一番心配するのは、理想を追って、リカット(再研磨)を続けることはできますが、それで満足できなければ、さらに小さなサイズにしながらリカットするでしょう。ただ、私たちも以前、失敗したことですが、理想を追い求めて、再研磨を繰り返すと、気が付くと、とても小さくなってしまいますが、一度削り落とした結晶の生地は、二度と戻ってこないのです。戻すことは、もうできません。そして、そういう時に限って、削る前の姿(リカットする前の方)が良かったのではないか?と思ってしまうことすらあります。不思議なことです。という訳で、このまん丸い直径3.8㎜ラウンド型の天然処理で美しいルビーは、もっと美しくなるかも知れないが、私たちモリスは、一番大きな姿で、次の世代へ引き継いでいっていただきたお思います

ルビーの内包物

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

19JE0002

モリスルビー22SR0116

モリスルビー22SR0116の画像

モリスルビー22SR0116

ルビーの特徴純色の赤に近い色調はとても珍しく、通常、ミャンマー産ルビーは、紫味が強いものです。その素晴らしい色調と、彩度の高さ、結晶の質が良く高い透明度が特徴的な結晶をラウンド型のミックスドカットに磨

モリスルビー09JE0104

モリスルビー09JE0104の画像

モリスルビー09JE0104

ほんの少しヴァイオレット味を感じさせる色調に蛍光性が強い結晶が相まって小粒ながらキラッと輝く天然無処理で美しいミャンマー産ルビーは、ミャンマー最北部カチン州のルビー鉱山ナヤン鉱山で採掘されました。▷▷もっと見る

モリスルビー08MR0051

モリスルビー08MR0051の画像

モリスルビー08MR0051

ハート型のカボションカットに磨いた、とても小さくかわいい天然無処理で美しいミャンマー産ルビー▷▷もっと見る

モリスルビー22SR0115

モリスルビー22SR0115の画像

モリスルビー22SR0115

青味が少し強い色調と重さの割に、見た目が大きな天然無処理で美しいミャンマー産ルビー▷▷もっと見る

モリスルビー22SR0114

モリスルビー22SR0114の画像

モリスルビー22SR0114

すこし強めの紫味を感じさせる色調と彩度の高さが上手く協調した天然無処理で美しいミャンマー産ルビー▷▷もっと見る

モリスルビー18OR0003

モリスルビー18OR0003の画像

モリスルビー18OR0003

少し青味を感じさるピンキッシュな色調、ほんの少し、糖蜜状組織が確認できるが、その他のインクルージョンがほとんど確認できないほどの高い透明度、そして、バランスの取れたラウンド型ブリリアントカットのルビー▷▷もっと見る

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

銀座店イベント情報

12月10日(土)銀座店ルビーセミナー

12月10日(土)銀座店ルビーセミナーの画像

12月10日(土)銀座店ルビーセミナー

11月12日(土)
第一部10:00~12:00 第二部13:00~15:00
銀座店のルビーセミナー申し込みはこちらから▷

京都三条本店イベント情報

朝日カルチャーセンター
くずは教室
宝石ルビーの査定の仕方

朝日カルチャーセンター<br>くずは教室<br>宝石ルビーの査定の仕方の画像

朝日カルチャーセンター
くずは教室
宝石ルビーの査定の仕方

朝日カルチャーセンター くずは教室 「 宝石ルビーの査定の仕方」本講座は、宝石に興味のある方ならどなたでも学ぶことができます。宝石…文化的教養の頂点であったことは、あまり知られていません。宝石の価値は

関連記事

モリスルビー22SR0116の画像

モリスルビー22SR0116

ルビーの特徴純色の赤に近い色調はとても珍しく、通常、ミャンマー産ルビーは、紫味が強いものです。その素晴らしい色調と、彩度の高さ、結晶の質が良く高い透明度が特徴的な結晶をラウンド型のミックスドカットに磨
モリスルビー09JE0104の画像

モリスルビー09JE0104

ほんの少しヴァイオレット味を感じさせる色調に蛍光性が強い結晶が相まって小粒ながらキラッと輝く天然無処理で美しいミャンマー産ルビーは、ミャンマー最北部カチン州のルビー鉱山ナヤン鉱山で採掘されました。▷▷もっと見る
モリスルビー08MR0051の画像

モリスルビー08MR0051

ハート型のカボションカットに磨いた、とても小さくかわいい天然無処理で美しいミャンマー産ルビー▷▷もっと見る