今日のルビーNo,19JE0007

19JE0007-1

モリスルビー19JE0007【SOLD】

19JE0007

カラット0.23ct
Origin(産地)Myanmar
Quality(品質)Jewelry Qualty
Size(サイズ)4.2/3.4/1.8

19JE0007

19JE0007

高い透明度と、重さから考えると「顔」が大きく、存在感のあるルビーです。宝石品質判定のクオリティスケール上では、美しさ「A」輝きがあり美しいもの、色の濃淡は「#3.5」のジュエリークオリティです。ミャンマー最北部カチン州のルビー鉱山Nam-Ya(ナヤン)から産出されました。結晶でしたが、そのままファセット(切子)面をつけ、オーバルミックスドカットに磨きました。結晶の透明度が高く、美しいミャンマー産の特徴である少し青味感じさせる色調ながら、何となくピンキッシュに見えてしまうのは、テーブル面を上にした縦横のサイズとの比率から、厚みがすこし不足して光の一部が結晶の下に抜けてしまうことが原因です。テーブル面を上からみた時、真ん中に色の淡く、キラキラとした反射が見られない部分をウィンドウ(窓が開いている)と言いますが、テーブルを水平方向にして、宝石ルビーの結晶を見た場合、キューレット(宝石下部の尖った部分)の内側の角度が125度以上広がるとウィンドウができ始めます。このルビーは、ウィンドウが残ることを覚悟の上で、テーブル面をなるべく大きく残すことを優先しました。(いつも「今日のルビー」では、何度か伝えていることですが…)大自然の造形美であるルビーの原石を生地をなるべく大きく残すこと、自然に近い姿を大切にすることを最優先にするのが、モリスシンギュラリティカットの考え方のベースです。もちろん、このルビーもその考え方で磨きましたので、この形になりました。その美しさを縦横のサイズ、輪郭を20%~25%削り落として厚みとバランスのよいサイズにリカット(再研磨)すると、ピンキッシュなウィンドウが解消され、赤みが強くなるでしょう。しかし、いまその作業をして小さくしてしまう必要はないと思います。この「顔」の大きさを楽しんでいただき、リカットは「いつか」で良いと思います。ジュエリーに着けて楽しんでいただくとき、ひとサイズ大きなルビーの存在感を楽しんでいただけると思います。

ルビーの内包物

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

19JE0007

モリスルビー18OR0032

モリスルビー18OR0032の画像

モリスルビー18OR0032

ルビーとしては素晴らし

モリスルビー18AT0171

モリスルビー18AT0171の画像

モリスルビー18AT0171

モリスルビー08AT0121

モリスルビー08AT0121の画像

モリスルビー08AT0121

顕微鏡で見なければイン

モリスルビー18AT0299

モリスルビー18AT0299の画像

モリスルビー18AT0299

一目でクリアな結晶とキ

モリスルビー10AL0007

モリスルビー10AL0007の画像

モリスルビー10AL0007

モリスルビー13JL0130

モリスルビー13JL0130の画像

モリスルビー13JL0130

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

銀座店イベント情報

4月22日(金)銀座店特別セミナー

4月22日(金)銀座店特別セミナーの画像

4月22日(金)銀座店ルビーセミナー

4月22日(金)
13:00~15:00
銀座店のルビーセミナー申し込みはこちらから▷

京都三条本店イベント情報

6月26日(日)京都三条本店ルビーセミナー

6月26日(日)京都三条本店ルビーセミナーの画像

6月26日(日)京都三条本店ルビーセミナー

6月26日(土)
13:00〜15:00
京都三条本店のセミナーの申し込みはこちらから▷

関連記事

モリスルビー18OR0032の画像

モリスルビー18OR0032

ルビーとしては素晴らし
モリスルビー08AT0121の画像

モリスルビー08AT0121

顕微鏡で見なければイン