モリスルビー22JL0009

ルビールース

モリスルビー22JL0009【SOLD】

モリスルビー22JL0009

カラット0.44ct
Origin(産地)Myanmar
Quality(品質)Jewelry
Size(サイズ)4.5/3.7/2.9
ルビールース

モリスルビー22JL0009 0.44ct Myanmar Jewelry

ルビーサイズ

ルビーサイズ4.5/3.7/2.9

ルビーの特徴

ルビーとして最高の色調がキラッと光る天然無処理で美しいミャンマー産ルビーは、世界的にルビーの鉱山として知られるモゴック鉱山から産出されました。オーバル型のミックスドカット(上面は、テーブルとそれを取り囲むクラウン、下部のパビリオン側はステップをつけた形)に磨き上げました。

サイズは、縦4.5㎜/横3.7㎜/深さ2.9㎜、重さは0.44ctと大きなものではありませんが、色調と彩度の素晴らしさによって実際の大きさよりも、存在感があり、大きく見えます。

このルビーの品質判定のクオリティスケールは

美しさは「B」美しいもの…これについては、最高の色調と彩度の高さで「S」にしたところですが、テーブル面に黒っぽい結晶インクルージョンが表面にあり、それが少し目立つことからの判断です。欠点ではありませんし、「あばたもエクボ…」という言葉がありますが、好きになってしまえばかわいく見えてくると、私個人的には思いますが、ルビー専門のモリスは、ここは辛く判定しなくてはならないところです。色の濃淡は「#5」で、品質を3つのゾーンに分けた場合、ジュエリークオリティ(高品質)です。

「処理をして人為的に品質を改良したものと、天然無処理で美しいものを同じモノサシで見るべきじゃない。違うものなのだから」

日頃から、何度もルビーを選ぶときには「好きかどうか?」という感覚で見ていただきたいと伝えていますが、それではなぜ、「根掘り葉掘り」そのルビーの特徴を見続けて、伝え続けるのか?…ちょうど、昨日、宝石品質判定の生みの親である諏訪会長とお会いしてミーティングをして、品質判定の必要性と重要性を再確認しました。諏訪会長はおっしゃいます。「処理をして人為的に品質を改良したものと、天然無処理で美しいものを同じモノサシで見るべきじゃない。違うものなのだから」っと。「大切なのは、その宝石を持つ方の気持ちで、時間が経っても変わらない宝石だからこそ、お買いになる前に、プロは、正直に情報を伝える責任があるし、お持ちになる方もどういった宝石をお買いになるのか?を知っていることが大切なのだ」とのことです。そして、私が伝えたいのは「鉱物学でも地質学でもなく、宝石価値論」だと続けられました。大自然の造形美である宝石、また宝石を持つ方々への敬意を感じますし、やはりこの根底にあるのは「宝石」に対するリスペクトです。

8月21日(日)には、東京六本木の国際文化会館で、諏訪会長に「宝石品質判定」について講演会を開催いたします

モリスは、宝石ルビーの世界に入る時に出会った宝石品質判定の生みの親、諏訪会長とこうやって会話できることがありがたく思います。8月21日(日)には、東京六本木の国際文化会館で、諏訪会長に「宝石品質判定」について生まれた経緯などについてご講演いただくことになっています。まだ、空席はあったと思いますので、是非、モリスのHPから案内をご参加いただければ、宝石に対する理解が深まると思います。

ルビーの内包物

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

モリスルビー19AT0011

モリスルビー19AT0011の画像

モリスルビー19AT0011

ルビーの特徴若干の紫味のある色調と彩度の高さが特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビーは、ミ

モリスルビー09SR0298

モリスルビー09SR0298の画像

モリスルビー09SR0298

ルビーの特徴青味を少し感じさせる色調と、淡い濃淡のピンキッシュルビー(ピンクサファイア)が、発掘されたのは、ミャンマー最北部カ

モリスルビー19AL0019

モリスルビー19AL0019の画像

モリスルビー19AL0019

青味をほとんど感じさせないしっかりとした深紅の色調、高い透明度、小粒ながら光に当たった時の彩度の高さが特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビー▷▷もっと見る

モリスルビー10OR0042

モリスルビー10OR0042の画像

モリスルビー10OR0042

高い透明度と紫味の強い色調が特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産のピンキッシュルビー(パープルサファイア)▷▷もっと見る

モリスルビー10OR0054

モリスルビー10OR0054の画像

モリスルビー10OR0054

直径1.7㎜の小さな青味の強いピンキッシュな色調と高い透明度、彩度の高さが特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産のピンキッシュルビー▷▷もっと見る

モリスルビー22SR0098

モリスルビー22SR0098の画像

モリスルビー22SR0098

丸いに近いバランスの良いプロポーションのオーバル型ミックスドカットに磨かれた天然無処理で美しいルビー▷▷もっと見る

モリスルビー22SR0086

モリスルビー22SR0086の画像

モリスルビー22SR0086

高い透明度、橙色の強いコクのある色調、そして縦横のサイズに対して深さが約70%で十分な深さがあります。▷▷もっと見る

モリスルビー22SR0142

モリスルビー22SR0142の画像

モリスルビー22SR0142

紫味と橙色味の両方を感じさせながら赤色も強いコクのある色調と高い透明度、そして驚くほど高い透明度と充分に深さのある結晶から放たれるキラキラとした輝きが特徴的なルビー▷▷もっと見る

モリスルビー22SR0139

モリスルビー22SR0139の画像

モリスルビー22SR0139

紫味をほんの少し感じさせる色調と高い透明度と長細いオーバル型の形が特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビー▷▷もっと見る

モリスルビー22SR0136【SOLD】

モリスルビー22SR0136【SOLD】の画像

モリスルビー22SR0136【SOLD】

小粒ながら、このルビーのような最高品質のルビーを「ピジョンブラッド」と呼びます。▷▷もっと見る

モリスルビー22SR0130

モリスルビー22SR0130の画像

モリスルビー22SR0130

コクのあるミャンマー産らしい紫味を感じさせる深紅の色調、高い透明度とクラウン側(宝石上面)とパビリオン側(宝石下部)の大きさのバランス、プロポーションの良さが特徴的なオーバル型のミックスドカットに磨かれた天然無処理で美しいミャンマー、モゴック産ルビーです。▷▷もっと見る

モリスルビー22SR0116

モリスルビー22SR0116の画像

モリスルビー22SR0116

ルビーの特徴純色の赤に近い色調はとても珍しく、通常、ミャンマー産ルビーは、紫味が強いものです。その素晴らしい色調と、彩度の高さ、結晶の質が良く高い透明度が特徴的な結晶をラウンド型のミックスドカットに磨

2021今日のルビー

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0019

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0019の画像

モリスルビー18AT0019

12月15日今日のルビーです。

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0023

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0023の画像

モリスルビー18AT0023【SOLD】

12月30日今日のルビーです。

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0020

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0020の画像

モリスルビー18AT0020【SOLD】

12月29日今日のルビーです。

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0022

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0022の画像

モリスルビー18AT0022〇

12月28日今日のルビーです。

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

関連記事

モリスルビー19AT0011の画像

モリスルビー19AT0011

ルビーの特徴若干の紫味のある色調と彩度の高さが特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビーは、ミ
モリスルビー09SR0298の画像

モリスルビー09SR0298

ルビーの特徴青味を少し感じさせる色調と、淡い濃淡のピンキッシュルビー(ピンクサファイア)が、発掘されたのは、ミャンマー最北部カ
モリスルビー19AL0019の画像

モリスルビー19AL0019

青味をほとんど感じさせないしっかりとした深紅の色調、高い透明度、小粒ながら光に当たった時の彩度の高さが特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビー▷▷もっと見る