モリスルビー22MYM016

22MYM016-2

モリスルビー22MYM016

22MYM016

カラット0.04ct
Origin(産地)Myanmar
Quality(品質)Jewelry
Size(サイズ)2.2/2.2/1.2
大理石を母岩として結晶するルビー(接触変成岩起源)らしい少し青味を帯びた赤色の色調とラウンド型の整ったプロポーションが特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビーです。サイズは、直径2.2㎜/深さ1.2㎜、重さは0.04ctととても小粒なルビーですが、ラウンドブリリアントカットにしっかりと磨いています。透明度については、シルクインクルージョンがクラウド状に内包されているために、少し低くなっていますが、美しさに悪影響は及ぼしていませんので、このルビーの個性です。このルビーを宝石品質判定のクオリティスケール上で見た場合、美しさは「B」美しいもの、そして色の濃淡は「#3」、品質によって3つのゾーンに分けてみた場合、ジュエリークオリティ(高品質)です。このように一つ一つのルビーについて説明をしている理由ですが、大自然の造形美であるルビーには、私たち人と同じように同じものが二つとなく、個性です。皆さまに、相性の良いルビーと出会っていただきいという想いで続けています。パッと写真を見て、何か特別な感じがしたら、相性がいいルビーなのかも知れません。ご来店いただき、手の上にのせてみて下さい。その時に、何も感じなければ、そのルビーは相性が良いとは言えません。相性が良いルビーは、一目見ただけなのに、気になって仕方がないというものです。これは、人の感覚「好き」だということですが、この「好き」は、個人差があり数値化できるものではありませんが、この好き嫌いこそ、人が生きていくためにとても大切な「感性」が発するメッセージです。私のルビーは、この感性で出会ってほしいと思います。そして宝石品質判定で、しっかりとその宝石ルビーのことを知っておくことが必要です。「好きだから、価値なんて無くていい」という方が時々居られますが、それは、自分の気持ちだけの話です。宝石ルビーは、必ず残っていくお宝です。近くであなたと一緒に時間を過ごした人にとって、大切にしている宝石ルビーは、思い出のカプセルなのです。かつて一世風靡したルビーの人工合成石は、今では、1ctあたり数百円になっています。だれも宝石とは思いません。そして、どれだけ思い出が詰まっていても、宝石に見えるのに宝石の価値がないために「ニセモノ」と呼ばれ、人々に嘲笑われます。消耗品ではなく、しかも自動車や時計のように耐久消費財でもない100年後も全く変わらない経年変化がないのが宝石です。最近は、「ラボダイヤ」なる人工合成ダイヤモンドのプロモーションが行われていますが、ルビーはもう100年前に起こった事件をもう一度繰り返すだけでしょう。何世代受け継がれるか?と考えた時…同じ結末を迎えるでしょう。そう考えていくと、小粒なこのルビーは、いつか受け継がれるときに、観る人がみれば、
「天然無処理で美しいミャンマー産ルビー」…次の世代には、確実に鉱山からの産出は無くなってカシミール産サファイアのようなプレミアのついた宝石になっているでしょう。小さくてもプロの宝石商には褒めてもらえるはずですし、その時に、思い出がキラキラと輝き始めると思います。

ルビーの内包物

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

モリスルビー22JL0003

モリスルビー22JL0003の画像

モリスルビー22JL0009

ルビーとして最高の色調がキラッと光る天然無処理で美しいミャンマー産ルビーは、世界的にルビ

モリスルビー22JL0003

モリスルビー22JL0003の画像

モリスルビー22MYM061

ミャンマーの鉱山で産出された後、ラフカット(粗削り)された後、どこにも出ずに、日本の金庫の中にあった天然無処理で美しい小粒なルビーです。小さなルビーを正確に研磨す

モリスルビー22JL0003

モリスルビー22JL0003の画像

モリスルビー22JLA0012

青味が少なく深紅の色調、深みのある濃淡、高い透明度と彩度、そして何より2ctを超える大型の天然無処理で美しいミャンマー産ルビーはとても希少です。鑑別業者が「加熱さ

モリスルビー22JL0003

モリスルビー22JL0003の画像

モリスルビー22JL0004

深紅の深みのある色調に加えて、結晶インクルージョンがしっかりと入っているが高い透明度と結晶の奥からキラキラと湧き上がってくる輝きが素晴らしい天然無処理で美しいミャ

モリスルビー22JL0003

モリスルビー22JL0003の画像

モリスルビー22JL0013

ほんの少し紫味を感じさせ、ミャンマー産ルビーらしいコクのある色調、そして何よりも原石の形が良く、うまく研磨できたために1ctを超えるサイズに仕上がりました。サイズは、縦6.2㎜/横5.4㎜/深さ3.4

モリスルビー22JL0003

モリスルビー22JL0003の画像

モリスルビー22JL0003

素晴らしい色調と彩度の高さが特徴的な天然無処理で美しいルビーは、ミャンマー中部のモゴック鉱山で産出されました。原石の形が良かったため、もっとも標準的なオーバル型のステップカットに磨きました。サイズは、

モリスルビー22JL0001

モリスルビー22JL0001の画像

モリスルビー22JL0001

最高級宝石ルビーの深みのあるピジョンブラッドの色調と高い透明度、そしてプロポーションの良さ、すべてが高い次元でバランスした天然無処理で美しいミャンマー産ルビーは、ミャンマー最北部カチン州のルビー鉱山ナ

モリスルビー14JL0049

モリスルビー14JL0049の画像

モリスルビー14JL0049

丸くカボション型に磨かれたかわいらしいルビーは、ミャンマー中部の中山間地域にあり、ルビーの鉱山としては世界的に有名なモゴック(MOGOK)鉱山で産出されました。結晶の生地を少しでも大きく残そうとすこし

モリスルビー18AT0244

モリスルビー18AT0244の画像

モリスルビー18AT0244

ミャンマー最北部カチン州のルビー鉱山ナヤンで発掘された天然無処理で美しい原石をモリスシンギュラリティカットで結晶の生地を大切に残しながら磨きました。サイズは、縦3.2㎜/横3.0㎜/深さ2.1㎜と良い

モリスルビー21MRM003

モリスルビー21MRM003の画像

モリスルビー20MRM003

透明感のある結晶に、ほんの少し紫味が強い色調と高い彩度が特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ピンキッシュルビーです。呼称については、鑑別する業者では、ピンクサフ

モリスルビー21MRM004

モリスルビー21MRM004の画像

モリスルビー21MRM004

フェイスアップで見た時に、細かいモザイク模様のキラキラとした輝きが、奥の方から湧き上がってきて、見ているうちに結晶に吸い込まれそうな気がする不思議な魅力を持った天然無処理で美しいミャンマー産ルビーです

モリスルビー22MYM080

モリスルビー22MYM080の画像

モリスルビー22MYM080

直径2.5㎜で深さが1.0㎜、天然無処理で美しいミャンマー産のラウンド型ブリリアントカットのルビーです。仕上げが美しく、丁寧に磨かれていますが、直径に対して結晶の深さが少し不足しているために、結晶の奥

2021今日のルビー

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0019

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0019の画像

モリスルビー18AT0019

12月15日今日のルビーです。

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0023

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0023の画像

モリスルビー18AT0023【SOLD】

12月30日今日のルビーです。

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0020

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0020の画像

モリスルビー18AT0020【SOLD】

12月29日今日のルビーです。

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0022

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo, 18AT0022の画像

モリスルビー18AT0022〇

12月28日今日のルビーです。

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

関連記事

モリスルビー22JL0003の画像

モリスルビー22JL0009

ルビーとして最高の色調がキラッと光る天然無処理で美しいミャンマー産ルビーは、世界的にルビ
モリスルビー22JL0003の画像

モリスルビー22MYM061

ミャンマーの鉱山で産出された後、ラフカット(粗削り)された後、どこにも出ずに、日本の金庫の中にあった天然無処理で美しい小粒なルビーです。小さなルビーを正確に研磨す
モリスルビー22JL0003の画像

モリスルビー22JLA0012

青味が少なく深紅の色調、深みのある濃淡、高い透明度と彩度、そして何より2ctを超える大型の天然無処理で美しいミャンマー産ルビーはとても希少です。鑑別業者が「加熱さ