今日のルビー

今日のルビー

モリスルビー22MKJL0006の画像

モリスルビー22MKJL0006

モゴック産ルビーの特徴である少し黄色味が強い色調と形の良さが特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビーです。前述の通り、産出はルビーの産地としては世界的に有名なモゴック(MOGOK)です。インクルージョン(内包物)が、普通のレベルで入っているため、透明度は、そこまで高くはありません。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0004の画像

モリスルビー22MKJL0004【SOLD】

深紅の素晴らしい色調、紫や青みがほとんど感じられない純色に近く、結晶は非常にクリアで高い透明度とその個性的な形が特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビーです。サイズは、縦5.7㎜/横7.3㎜/深さ3.9㎜、重さは1.15ct…宝石品質判定のクオリティスケール上で見た場合、美しさは「A」輝きがあり美しいもの、色の濃淡は「#5.5」、品質を3つのゾーンに分けた場合、文句なしのジェムクオリティ(最高品質)です。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0016の画像

モリスルビー22MKJL0016

青味をほとんど感じさせず、ルビーを代表するようなコクのある色調は、「ピジョンブラッド=鳩の血の色」と呼ぶに相応しいものです。高い透明度とオーバル型のミックスドカットに磨かれた形の良い結晶、そして縦6.9㎜/横5.8㎜/深さ3.5㎜、重さ1.37ctの大きなサイズも相まって、圧倒的な存在感がある天然無処理で美しいミャンマー産ルビーです。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MYM064の画像

モリスルビー22MYM064

少し青みを感じさせる色調とサイズから見た場合、ちょうどよい色の濃淡で、パッと見た時は、キラキラと美しいルビー。天然無処理で美しいミャンマー産ルビーです。しかし、結晶の質自体は悪くないが、インクルージョンが目立つこと、ガードル(外郭部分)に原石の時からあるフラクチャー(ヒビ)が入っていることなど、美しいが欠点のあるものと判断します。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0008の画像

モリスルビー22MKJL0008

味が濃そうな、ぎゅっと凝縮されたフルーツのような印象を与えてくれるルビーは、赤が非常に強い色調と彩度が高く素晴らしいのですが、少しインクルージョンが多いため透明度については、まずまずといったところです。色調の素晴らしいルビーで、透明度が驚くほど高いものはとても少なく、このルビーも十分な美しさを発揮しています。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0005の画像

モリスルビー22MKJL0005

ほんの少し、紫味を感じさせる深みのある色調、そして高い透明度、彩度の高さ、そして少し変形した三角形が特徴的なルビーは、ミャンマー最北部カチン州、幻のルビー鉱山ナヤンで産出しました。ナヤンルビー鉱山は、モリスがルビーを採掘した現場があった鉱区ですが、日本を含めた国際的な市場では、加熱処理をする原石を産出するモンスー産のルビーとは、分析して分けることができますが、モゴック鉱山、ナヤン鉱山の区別はされていません。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0012の画像

モリスルビー22MKJL0012

ルビーの産地としては世界的に有名なモゴック鉱山で産出された天然無処理で美しい、素晴らしいルビーです。しかも2ctを超える大粒なものは特に希少性が高く、コレクターズアイテムです。そのミャンマー産の中でも最高レベルの色調と彩度の高さは特筆するべきところです。そのサイズは、縦8.7㎜/横7.5㎜/深さ4.7㎜、重さは2.56ctの圧倒的な大きさです。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0020の画像

モリスルビー22MKJL0020

抜群の品質というわけではないが、その形に不思議とあっている「品質」ともいえるルビーは、世界的にルビーの鉱山としては有名なモゴック(MOGOK)で産出された原石をハートの形に磨いたものです。少し紫味を薄っすらと感じさせながらも赤でもピンクでもない中間的な印象を与えてくれる色調、そして内包物が少し多いためにパビリオン側からのキラキラした光の反射による輝きというよりは、元々結晶が持っている「色」が輝いている印象のルビーです。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0019の画像

モリスルビー22MKJL0019

昨日の六角形のピンキッシュルビーに続いて、今日も天然無処理で美しいミャンマー産ルビーのご紹介です。幻のルビー鉱山ナヤン(Nam-Ya)から産出された六角形の原石の形、生地を活かし上面をテーブルとクラウン、下面のパビリオン部分にステップをつけてミックスドカットに磨きました。ナヤン鉱山では、その他の産地と比べて、はっきりとした六角形の原石が産出が多いのが特徴です。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0017の画像

モリスルビー22MKJL0017

圧倒的な迫力の天然無処理で美しいミャンマー産のピンキッシュルビーです。産出は、世界的にルビーの鉱山として知られているミャンマー中北部の中山間地域にあるモゴック(MOGOK)鉱山です。硬くシャープな感じを思わせる少し褐色味を帯びた色調と高い透明度、そして何よりも印象的な形と大きさが特徴的なピンキッシュルビー。宝石品質判定のクオリティスケール上で見た場合、美しさは「A」輝きがあり美しいもの、そして色の濃淡は「#3」、パッと見た目は#2のように見えてしまいますが、それはエメラルドカットされた形と面の大きさによるもので、色の濃淡は「#3」、品質によって3つのゾーンに分けた場合、ジュエリークオリティ(高品質)です。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0018の画像

モリスルビー22MKJL0018

一度見たら忘れない、亀の甲羅の模様のような有機的な六角形が特徴的な天然無処理で美しいミャンマー産ルビーは、最北部カチン州のルビー鉱山ナヤン(Nam-Ya)で発掘されました。ナヤン産ルビーらしく透明度が驚くほど高く、クリアな結晶と少し青みを帯びた色調、そして何よりも存在感のあるサイズ、縦7.4㎜/横6.5㎜/深さ3.6㎜です。重さが1.73ctとは思えない迫力があります。▷▷▷もっと見る
モリスルビー22MKJL0011の画像

モリスルビー22MKJL0011

とても希少性が高く、強烈な存在感を持つ天然無処理で美しいミャンマー産それもジェムクオリティのルビーは、ジュエリーのファンの方々でも一生に一つ、見られるかどうか…というレベルでしょう。ミャンマー最北部カチン州の「幻のルビー鉱山」Nam-Yaで発掘されました。高い透明度とコクのある最大限に濃い色調が特徴的です。▷▷▷もっと見る