今日のルビー07OR0006

07OR0006-①

モリスルビー07OR0006

07OR0006 タイムズ君

カラット0.18ct
Origin(産地)Myanmar
Quality(品質)Jewelry quality
Cut(カット)Fancy cut
Size(サイズ)2.9mm/2.9mm/1.9mm

時計の針の先のようなルビー

少し紫味のある色相と柔らかい質感を感じる結晶を時計の針の先のような形に仕上げました。このルビーの原石は、2007年ミャンマー北部カチン州Nam-Ya(ナヤン)ルビー鉱山においてモリスのイエッチョーによって採掘されました。ルビーの原石を自然の形を活かし、尚且つ最小限の研磨作業で美しい姿を目指した結果、二つの辺の長さの違う二等辺三角形を二つ合わせたような形になりました。ひし形のようで、ひし形ではない、一つの角だけ鋭角に仕上がったことによりその形になりました。天然ルビー原石の形には、六角形の柱、鉛筆のような形から、ひし形が立体的になったような形、三角形の面を組み合わせたような形など、合計約13種類の形が確認されていますが、天然ルビー、自然の造形美は、私たち人間が思いもよらない形で目の前に現れます。このルビーの原石も理論通りであれば、辺の長さが写真の上と下で違うことはありません。

ルビーは私たち人間の想像を遥かに超えるもの

地下40kmの非常に高い圧力の下で結晶したとされるナヤン産ルビーの原石が、どの様な環境で生まれたのか?想像するしかありませんが、私たち人間の想像を遥かに超えるものであることは間違いありません。ルビーの結晶も今から100年以上も前に、化学を使い人工的に結晶化させることができるようになりました(フランスのヴェルヌイ法)。今ではほとんどの宝石の結晶は、再結晶などと呼ばれて工場で作ることができるようになりましたが、ナヤン鉱山のような人里離れた中山間地域の大自然の中で、一つ一つ違った不思議な形で目の前に現れる自然の結晶を見るとき、約200年前に生きた詩人であり、思想家であり、政治家であり科学者だったドイツのゲーテが「自然現象を人の感性で感じることは、理論的、機械的に大きな自然を理解していると誤解する、人間は特別な存在だと考えるよりも遥かに重要だ」という言葉を思い出す。この時計の針の先のような形のルビーは、私たちにメッセージを送ってくれているようです。

Inclusion (ルビーの内包物)

天然ルビーは、自然の恵みであり唯一無二の個性を持っています。それぞれの結晶の中に内包されるインクルージョンはそのルビーの個性を表します。またこのインクルージョンは、原産地、処理の有無を判定する際の重要な手がかりとなります。

ルビーのお問い合わせはこちら

ルビーについてのご相談なら何でも大歓迎!お問合せ・来店予約はこちら

関連記事

ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo,09AT0235の画像

モリスルビー09AT0235

9月29日今日のルビーをご紹介いたします。
ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo,11OR0042の画像

モリスルビー11OR0042

9月28日今日のルビーをご紹介いたします。
ルビー専門店モリスルビーの【毎日更新今日のルビー】ルビーNo,21MY0110の画像

モリスルビー21MY0110

9月27日今日のルビーをご紹介いたします。